北海道のITに会いに行こう!

西いぶり広域連合でコミュニティクラウド型住民情報システムを稼働

Pocket

西胆振広域連合でオラクルのクラウドシステムを使って行政サービス基盤を刷新したそうです。対象地域は室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町。

クラウド導入の目的は、コスト削減、可用性や性能向上、運用業務の低減といったクラウドの標準的なメリット享受のため。

対象業務は、住民記録や税、保健福祉、上下水道料金、その他多くの住民サービス。

先日にニュースでは室蘭市のオンプレミスメールサーバが障害でメール消失しちゃってたので、是非どんどんクラウド活用をしていって頂きたい。

北海道内はまだまだクラウドが浸透していない感がありますが、これもおそらく時間の問題。外部環境は十分整ってきたのでそろそろブレイクスルーがありそう。

コミュニティクラウド型住民情報システムを稼働–北海道の西いぶり広域連合

広域連合では今回、共同電算センターの機器更新に合わせ、コミュニティクラウドの形で統合的に管理、運用でき、災害にも耐えられる行政サービス基盤を構築すべく、データセンターをクラウド化した。

 クラウドのデータベース基盤として「Oracle Database」、アプリケーション実行基盤として「Oracle WebLogic Server」をそれぞれ採用した。また、システム構築は富士通が担当し、運用までのプロジェクト全体を支援した。

Pocket