どうする「働き方改革」!? -札幌デジタルイノベーション2019に行ってみた!

カテゴリ:
どうする「働き方改革」!? -札幌デジタルイノベーション2019に行ってみた!

キタゴエ・ライターの木村綾です。HR担当ライターとして、「ICT」×「働き方改革」の最前線をチェックすべく、札幌デジタルイノベーション2019に行ってまいりました。

取材・撮影・構成 : 木村綾 取材日 : 2019年7月19日(金)

札幌デジタルイノベーション2019とは

2019年7月18~19日、札幌コンベンションセンターで、日経BP主催による札幌デジタルイノベーション2019が開催。ICTを活用したビジネスモデル変革のための、先進企業事例やICTソリューションを体感できる大型イベントです。札幌のほか、東京・大阪・名古屋・福岡で開催されています。

会場はセミナーエリア、ブースエリアに分かれており、ブースはテーマごとに分類されています。今年のテーマはAI、クラウド、セキュリティといった技術を中心に、働き方改革、セールステックなどの業務改革、インバウンド/観光向けソリューションといった産業テーマがありました。

私は、「働き方改革」のブースと、「インバウンド/観光向けソリューション」のセミナーを取材してまいりました。

会場は大盛況
会場は大盛況

働き方改革とは

「働き方改革」とはなんでしょうか。首相官邸では、以下のように発信しています。

「働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」です。

首相官邸HP

イベントでは、「働き方改革」の一翼を担う業務改革ツールを紹介する企業ブースが多く出展していました。働き方改革エリアだけでも20のブースがあり、どこも人で賑わっていました。

今回のイベントで、私が特に、興味深く話を伺ったのはUniposとSmartHRです。

Unipos

フュージョン株式会社の記事で、ピアボーナス制度のツールとして紹介したUniposです。アプリの名前、イコール社名です。ブースでステキなブルーのロゴ入りTシャツを着ていた服部恭輝さんにお話を伺いました。

写真中央:Unipos 服部恭輝さん
写真中央:Unipos 服部恭輝さん

ーーUniposができた経緯や、御社のことを教えてください。

服部さん:Uniposは、インターネット広告のコンサルティングなどを手がけるFringe81の子会社です。Fringe81はエンジニア中心の会社です。会社が成長し、エンジニア以外の営業や管理スタッフの社員を増やした際、エンジニアと非エンジニア間でコンフリクトが起きました。

売上など、社業への貢献が数値でわかりやすい営業に対し、貢献が定量的に見えにくいエンジニアが評価されにくくなってしまったのです。日々の大切な仕事に光が当たらなくなったことに不満を感じ、エンジニアメンバーの離職も増えました。

本来、営業もエンジニアも両方いてくれなければ会社として事業が成り立たちません。定量的な成果だけではなく、埋もれてしまいがちな良い仕事・素晴らしい貢献に光を当てようとの想いから「発見大賞」という制度を始めました。

「働き方改革」ブースに出展していたUnipos社の皆さん
「働き方改革」ブースに出展していたUnipos社の皆さん

「発見大賞」は、社員同士がお互いに小さな感謝・貢献などを発見し、紙に書いてダンボール箱に投票、月に一度の全社会でその内容を発表するという制度でした。発案者は、Fringe81代表・田中で、当初は代表自ら、箱を持ち社内を回って投票を呼び掛けていました。「発見大賞」開始以降、エンジニアの離職は激減し、退職者がゼロになるほどの効果も現れました。

ただ、紙と箱、アナログな手法だったため集計が大変で、継続のためにシステム化が必要となり、自社エンジニアがweb上のシステムを作成しました。並行して、他社でも同様の組織課題に悩んでいることを知り、サービスとして世に出すことを決めました。


異職種を同じ仕組みで評価するべきか、どこの会社でも悩むことではないでしょうか。特に、会社が成長する過程では、売上・利益への貢献度合いが高い部分にばかり光が当たってしまうのも、よくわかります。

小さな取り組みを代表自ら率先して進め、結果、自社の課題解決のためにwebアプリまで作ってしまう様子が、何ともベンチャー会社らしい好事例だと思いました。社員間の相互理解が進み職場が良くなった上、収益事業化したというところが、なんとも素敵な「働き方改革」だと感じました。

なお、Unipos 社・Fringe81社ともに、ピアボーナスで配分する費用は、通常のボーナス原資とは別に確保し、支給しているそうです。

SmartHR

こちらも、ソフト名と企業名が同名SmartHRです。有名なクラウド型の人事労務管理専用ソフトで、先日、資金調達がニュースになっていました。ご存知・ご関心のある方も多いと思います。ブースは特に多くの人を集め、残念ながら個別にインタビューする余地はなかったのですが、ブースセミナーに参加してきました。

人事の業務は大きく「人事」と「労務」に分けることができます。一般的に「人事」が採用・配置・教育・人事制度に関する業務を指し、「労務」が給与計算や勤怠管理、社会保険手続、健康診断の対応など、労働関係法令に沿った業務を指します。

SmartHRブースセミナーの様子
SmartHRブースセミナーの様子

SmartHRは、「労務」業務を中心とした管理ソフトです。企業が人を雇う時に必要とされる、入退社に伴う社員情報の更新、雇用契約書類の作成保管、給与明細の作成配布、年末調整の情報収集と書類作成などをクラウド上で行うことができます。

これまでは、書類を渡す→書いてもらう→回収する→整理する→官公庁に届け出するといったステップで、人が手間をかけていました。SmartHRの導入により、WEB上で情報取集・整理・保管、書類によっては官公庁に電子申請できるようになります。生産性向上による働き方改革を狙ったツールと考えられます。

整理した社員データは、ソフトを使ってリストやグラフとして閲覧・加工でき、社員数や男女比、平均勤続年数・平均年齢などを見ることができます。最低限の労務管理をスムーズに行うことができるのはもちろん、集めたデータを活用し、会社を成長させる人事施策につなげる使い方が理想的だと感じました。

出展企業リスト

上記で紹介した2社の他、働き方改革ブースでは下記の企業が出展し、サービスを紹介していました。

  • アイ・オー・データ機器:リモートワーク用クラウドファイルサーバー、フリーアドレスオフィス用可動型液晶ディスプレイ
  • エスエイティーティー:クラウド型学習管理システム、社内研修内製化支援ツール
  • エレコム:建設現場用タブレット、点検・報告システム
  • サクシード:電話対応の効率化支援ツール
  • システムディ北海道:規定管理システム
  • シネックスジャパン:会議用デバイス
  • ジャパンメディアシステム:WEB会議システム
  • SmartHR:クラウド型人事労務システム
  • Chatwork:ビジネスチャット
  • ナレッジスイート:営業プロセスの可視化アプリ
  • ネオジャパン:グループウエア(desknets)
  • ビーブレイクシステムズ:プロジェクト単位の収支管理システム
  • ビューシックスコーポレーション:スマートグラス
  • ブイキューブ:テレビ会議・オンライン営業システム
  • 富士通:定型業務の自動化ソフトウエア
  • マネーフォワード:勤怠管理システム
  • Unipos:ピアボーナスWEBアプリ
  • リコージャパン:他社アプリと連動可能なクラウドシステム

取材を終えて

イベントのブース・セミナー取材を通して、様々な「働き方改革」への提案があることがわかりました。ツールや技術を活用して、ひとりひとりの働き方やライフスタイルを豊かにできるように、取り組んでまいりましょう。

デジタルイノベーション2019札幌他記事

この記事をシェアする

私が書きました!

北海道出身、札幌育ち。 札幌と東京で二拠点生活をしています。 自分らしくびのびと働く人が増えたら、札幌がもっとステキな街になるなと思い、キタゴエに参画しました。取材活動で、街や仕事に愛着を持つ人とたくさん出会い、多様な働き方を模索していきたいです。

最近の投稿

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop