北海道のITに会いに行こう!

有限会社たまに行ってみた―元・自衛官が開発したナビゲーションアプリ「HUD ManiaX」がリニューアルリリース

代表取締役・松浦さん
Pocket

エンターテイメント系ナビゲーションアプリ「HUD ManiaX(エイチユーディーマニアックス)」を開発する、「有限会社たま」さんへ行ってきました!

「西28丁目駅」から徒歩10分、閑静な住宅街にあります。

たま外観

”たま”の由来は、代表である松浦さんの飼い犬の名前からとったんだとか。

たま看板

1階が作業スペース、2階が打ち合わせスペース。

たま1階

来客から作業の様子がまったく見えないように厳重にガードされていました。

たま1階の様子

もともとDTPデザインからスタートした会社ということで、素材やデザイン関係の本も。

本棚 本棚本棚"

掃除の順番も、当番もきっちり決められておりました。なんだか小学校みたいで楽しそう!

掃除当番

2階に行ってみましょうー

2回へつづく階段

壁には”たま”の足跡。和みますね。

壁がみ

ちょこちょこかわいい置物もあって、ぞうに、アヒル。

かわいい置物

カエル、猫、サル・・・動物が好きみたいです。

置物の動物たち

2階にもデザイン関係の本がたくさんありました!

2階の本棚 デザイン関係の本がいっぱい

会社訪問の最後に、「有限会社たま」代表取締役社長、松浦伸也さんにお話をお伺いしました!

有限会社たま代表取締役社長、松浦伸也さん

メインで開発しているのは、 「HUD ManiaX」というドライブを楽しむためのアプリ。iPhoneのセンサー機能を利用して、まるで戦闘機を運転しているかのような気分を味わえます。元・自衛官の松浦さんがデザインをしているから、とてもリアル!

アプリ紹介

車のフロントガラスに映った文字を見ながら、運転できる優れもの。文字が反射して映るiPhoneの顔認識システムを使って、ターゲットに照準を合わせて遊ぶこともできるんです。顔認識システムHUDManiaXを魅力を楽しそうに語ってくれました。楽しそうに語る松浦さん

HUDManiaX(エイチユーディーマニアックス)は2015年6月27日に一年ぶりに大幅なバージョンアップ!

「リリースしてから一年ぶりのバージョンアップになります。別のアプリ制作に着手していたこともあり、なかなか忙しくてバージョンアップできていなかったんです。その間、HUDManiaXに共感してくれるユーザーからたくさんの要望をいただいていました。以前はその要望を実現したいと思ってもiPhone自体の技術が追い付いていなかったんです。私が忙しい間に、iPhoneでできることも増えました。例えば、iPhone6から気圧計が搭載されていますので、このiPhoneでいつでも気圧が測れます。このiPhoneの進化に伴い、この要望を再現できるようなったので、これを期に大幅バージョンアップを行いました」と松浦さん。

大幅にバージョンアップしたHUDManiaXとは!? この動画をぜひご覧ください!

HUD ManiaX App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: ¥240

有限会社たまは、DTPデザインの制作から始まった会社。年月が流れる中で、松浦さんの興味はガジェットからiPhoneアプリ開発に移っていったそうです。戦闘機のHUDディスプレイを再現したいという想いと、元自衛隊という特殊な経歴が合わさり完成したのがHUDManiaXです。アプリの画面デザインにDTPデザインの制作の知識が生きます。

「HUDManiaXは近未来の疑似体験と位置づけています。例えば戦闘機とか、一般の方には手の届かないところを手の届くところに持っていきたいですね」

iPhoneセンサー機能をフルに活用した、メータマニアにはたまらないアプリ。ぜひ一度、遊んでみてくださいね。

有限会社たま
〒063-0001 札幌市西区山の手1条5丁目2-2

札幌市西区山の手1条5丁目2-2
Pocket