北海道のITに会いに行こう!

150人以上が参加したINDETAIL 新オフィスお披露目パーティーに行ってきた!

記念撮影
Pocket

1月20日(水)19時より、西11丁目駅より徒歩4分、大通駅より徒歩9分の場所、札幌市中央区大通西9丁目にある株式会社INDETAIL(インディテール)のINDETAIL LABO2で開催された「INDETAIL新オフィスお披露目パーティー」に取材してきました!

取材・構成・撮影 : 赤沼俊幸 取材日 : 2016年1月11日

株式会社INDETAIは、札幌に「本社」「LABO」があり、今回新しく開設する「LABO2」も含め全てキタコーセンタービルディングにあります。

株式会社INDETAIL LABO2があるキタコーセンタービルディング。パーティーは19時開始のため、すでに暗くなっています

INDETAIL LABO2があるキタコーセンタービルディング。パーティーは19時開始のため、すでに外は暗い

今回のお披露目パーティーはINDETAIL LABO2が開設する2階で開催します。2階にはINDETAIL本社があり、LABO2は本社の奥にあります。

札幌本社総合受付

札幌本社総合受付

INDETAIL LABO2とは?

この日はパーティー開始より事前に、INDETAILゲーム運営事業部部長の宮津信之介さん(以下、宮津)に今回のイベントについてのお話を伺いしました。

株式会社INDETAILゲーム運営事業部部長の宮津信之介さん

ーーINDETAILさんは今、何名ぐらいの社員がいるのでしょうか?

宮津 : 今は約100名になります。

ーー東京にもオフィスがありますが、東京支店にはどれくらいの人数が働かれているんでしょうか? エンジニアは多いのでしょうか?

宮津 : 東京オフィスは主に営業拠点になってしまして、社長と営業、エンジニアで5名です。そのうちエンジニアは1名です。

ーー札幌オフィスでは何名ぐらいが働かれてるのでしょうか?

宮津 : 約100名の社員が札幌オフィスにいるのですが、ビジネスパートナーさんも弊社で働いています。2月には20名程度増えるので、およそ130名ぐらいが札幌オフィスで働いています。

ーー今回、LABO2を新しく開設しました。今後も社員を増やされると思うのですが、会社として何人ぐらいまで増やしていきたいという目標はあるのでしょうか?

宮津 : 人数自体の目標はあまりありません。会社としては2018年マザーズ上場を目指して動いています。2021年前後には東証一部に上場するのが目標です。人数の拡大というよりは、自社のプロダクトを拡大したいと思います。自社プロダクトの開発もあるので200〜250人を想定しています。

ーー200〜250人というと私が知っている中では札幌で最大級の規模ですよね。

LABO2は「イベント&カフェスペース」

ーー今回開設するLABO2は「イベント&カフェスペース」と今回のパーティー案内に記載していたのですが、一般的に営業するカフェではなくて、社内のカフェスペースということでしょうか?

宮津 : その通りです。普段はここにテーブルと椅子がちらばっていて、会議や打ち合わせのときに使えるスペースとなっています。
LABO2

この他に予約が必要な会議室はあるのですが、ここはいつも開放しているので、「ちょっと打ち合わせしようか」という感じで使える空間として、ざっくばらんにミーティングを行えます。

お昼休みは社員でゲームを行ったりしますし、開放的で自由なスペースで、より良い発想が行えるような会社にしていきたいと思っています。弊社には自社プロダクトもあるので、クリエイティブな雰囲気を大切にしていきたいですよね。

ーーイベントスペースとしては主に自社内のイベントを行う予定でしょうか?

宮津 : 基本的には自社のイベントや、社内の勉強会をメインに行います。社内イベントとしては去年、約100名が参加した忘年会は行いました。今後は弊社が主催で勉強会を行って、社外の方でも参加できるようにしたり、他の会社と一緒に合同勉強会ができたらいいよね、と話しています。社外の方が主催するイベントに関しても用途によっては応じたいと思っています。私たちとしては「北海道を元気にしたい」という考えがあるので、そこに沿うものがあれば、貸出しも検討したいと考えています。

スクリーンがあるので、スライドを映すことが可能。この日はイベントのプレゼンが行われた

スクリーンがあるので、スライドを映すことが可能。この日はイベントのプレゼンが行われた

ーー今回、パーティーは大盛況のようで、参加申込が150人を超えています。どのような方が参加されているのでしょうか?

宮津 : 今回、参加した方々は、取引先の企業、INDETAILに興味をもっていただいている方が中心で、その他に社員のご家族・友人などが来られています。社員のご家族に会社のことを理解してもらいたいという想いと、社内の雰囲気を見て、安心してもらいたい、というのがあります。

Oculus 体験コーナー「VRがある世界が常識だという考えを持っている人をどんどん増やしたい」

ーー今回、パーティーにはOculusの体験コーナーがあります。なぜこのようなものがあるのでしょうか?

宮津 : Oculusは以前、社内で試して面白かったので、来社したお客様にやっていただこうと思っています。今回のパーティーの企画は私がメインで進めているので、随所に私の気持ちが入っています。

Oculusは今後どんどんが広がっていくでしょうし、VRが当たり前になる世界が来てほしいと思っています。このようなVRの世界を体験していただいて、VRがある世界が常識だという考えを持っている人をどんどん増やしたいと思っています。その一貫として今回、Oculusの体験コーナーご用意しました。

今回、「体験している写真がほしいです!」という記者のワガママに答えていただき、宮津さんに早速体験いただきました。お忙しい中、ありがとうございます!

Oculus Rift(オキュラスリフト)はOculus社が開発・発売しているバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイです。パソコンと繋ぐこのようなゴーグルをつけます。

Oculus Riftのゴーグルをつける宮津さん

Oculus Riftのゴーグルをつける宮津さん

それでは試用開始です!
Oculus Riftを体験する宮津さん

パソコン画面にもヘッドマウントディスプレイで見ている画面と同じものが表示します。この日は東京をイメージした街中で、高層ビル群の間をすり抜けていくジェットコースターを体験できました。
この日は東京をイメージした街中で、高層ビル群の間をすり抜けていくジェットコースターを体験できました。

横に女性が乗っていることら気づき、驚く宮津さん

横に女性が乗っていることら気づき、驚く宮津さん

「Oculus体験コーナー」にはOculus Rift以外にもGalaxy S6を利用するGear VRが体験できました。Gear VRでは奥行きステージの空中アクションゲームが体験できました。「Oculus体験コーナー」を担当しているスタッフの方に「Oculusに関連したVRの事業を行っているのでしょうか?」と聞くと、「いや、これらのOculusとGear VRは私物です(笑)」と教えていただきました。

パーティー開始後、「Oculus体験コーナー」も賑わっていました!

賑わう「Oculus体験コーナー」

賑わう「Oculus体験コーナー」

パーティー受付開始!

18時半頃、「INDETAIL 新オフィスお披露目パーティー」の受付が開始されました。18時50分ぐらいには受付に長蛇の列ができます。
パーティー受付開始

フリードリンク・フリーフード!『布袋』のザンギ盛りも!

今回のお披露目パーティーは参加費無料にも関わらず、なんとフリードリンク・フリーフード!! 提供された食べ物を紹介します。

人気中華料理店『布袋』のザンギ盛り!
人気中華料理店『布袋』のザンギ盛り

お寿司やサンドイッチ!
お寿司やサンドイッチ!

写真には残っていないのですが、その他にピザも提供されました。飲み物はお酒もあり!もちろんソフトドリンクもあります。
飲み物はお酒もあり!もちろんお茶もあります。

パーティー開始! 乾杯の挨拶「今年は北海道で圧倒的になるというテーマの元で事業の拡大を進めています」

19時10分頃、パーティーより開始しました。多くの方が訪れたため、入場が追いつかず、10分遅れで開始です。

お披露目パーティー開始。司会はINDETAILの鈴木さん

お披露目パーティー開始。司会はINDETAILの鈴木さん

INDETAIL代表取締役の坪井大輔さんより、乾杯の挨拶があります。

株式会社INDETAIL代表取締役の坪井大輔さんより、乾杯の挨拶

INDETAIL代表取締役の坪井大輔さんより、乾杯の挨拶

「我々は順調に業務を拡大しておりまして、今年は北海道で圧倒的になるというテーマの元で事業の拡大を進めています。その一貫として、2016年1月4日よりLABO2をオープンしています。9階に開発者がいるフロアがありまして、2階は受付があります。そして今回、こちらに新しいスペースを増床いたしました。ここのフロアは将来的に順調に拡大すれば、人と机で埋まってしまいます。埋まるまでにはこのスペースで新しいアイデアが生まれたり、新しい出会いが生まれたり、もしかしたら、新しい会社が生まれたり、いろんなものが生まれるような催し物のスペースを運営していきたいと思っております」と挨拶があり、坪井社長による乾杯が行われ、乾杯後はしばらくご歓談タイムです。

スペシャルゲストは株式会社マイネット 代表取締役社長上原仁さん

歓談後、スペシャルゲストの株式会社マイネット代表取締役社長上原仁さんからのお話がありました。株式会社マイネットは2015年12月に東証マザーズに上場したばかり。INDETAILとの出会い、事業提携のきっかけを語っていただき、非常に多くの方がお話に惹きつけられていました。

スペシャルゲスト、株式会社マイネット代表取締役社長上原仁さん

スペシャルゲスト、株式会社マイネット代表取締役社長上原仁さん

「札幌という場所がすごく大好きです。私の大好きな実の兄貴が北海道大学の出身です。私が中学3年生の15歳の頃、兄貴が大学進学で札幌にやってきました。そのとき、兄貴に連れて行ってもらって札幌中を回りました。札幌は本当に美しい街で人は暖かいし、すごくいい街という印象でした。当時、私は将来、起業したいということを思っていました。札幌で兄貴に連れられて、藻岩山に夕方頃に上がって、藻岩山に当時あった、ちざきバラ園から眺めた札幌の夜景がすごく感動しました。”なんて綺麗な街だろう”、と。この札幌の街で何か事業ができたら最高だなというのを15歳ながらに思ったのを今も覚えています。

そんな札幌の街、ときどき遊びにきていましたが、今回、ご縁がありまして、急に札幌に近づくことができました。INDETAILの社外取締役になっている保田さん(※)という方がいらっしゃいます。その保田さんは約10年前からマイネットの取締役だったんですよね。マイネットが今のゲーム事業にアクセルを踏むとなったときに、私が”札幌のゲームクリエイターといい形で繋がっていきたい”と思い、保田さんに紹介してもらったのが坪井社長なんですね。

坪井社長と2年前ぐらいに初めてお会いして、そのとき久々に札幌に来て、素敵な街だなと改めて思いました。坪井社長と初めて会ってお話したときに、“北海道発の大成功ベンチャーを私が作るんだ”、ということをおっしゃったのですね。これはすごく感銘を受けました。私自身、15歳のときに、札幌という街に出会って、こんなところで事業できたらいいなと思っていたのが、実はもう札幌でしっかりとした企業として根を張って、しかも急成長の段階の会社の社長さんがいらっしゃる。この出会いがあったおかげで、”一緒にやっていきましょう”と2年前、がっちり握手しました」

※現神戸大学大学院経営学研究科准教授 保田隆明さん。北海道では「北海道の楽しい100人」の運営や、以前、小樽商科大学大学院の准教授をつとめていた方としても著名

東証マザーズ上場記念のサプライズケーキ

マイネットの東証マザーズ上場上場を祝ってINDETAILより上原社長へサプライズケーキが贈られました。

株式会社マイネットの上場を祝うサプライズケーキ

マイネットの上場を祝うサプライズケーキ

ケーキの前で上原社長と、坪井社長、INDETAILゲーム運営事業部のみなさんで記念撮影!
ケーキの前で上原社長と、坪井社長、INDETAILゲーム運営事業部のみなさんで記念写真!

各事業部の紹介

ケーキが配られ、再び歓談タイムになりました。そして最後に事業部の責任者より、各事業部の紹介が行われました。

ゲーム運営事業部の紹介

株式会社INDETAILゲーム運営事業部部長の宮津信之介さんからゲーム運営事業部の紹介です

本記事で事前インタビューに応じていただきました、ゲーム運営事業部部長の宮津信之介さんからゲーム運営事業部の紹介です。宮津さんは普段から、ゲームが好きで、株式会社マイネットが運営しているファルキューレの紋章も実際好んでプレイしています。ゲーム運営事業部は大手ゲーム会社からゲームタイトル移管・買取を行い、再生、運営をしていく事業を主に行っています。スマートフォンゲームを開発、運営していた事業者から、第三者へ委託や売却することをセカンダリゲームといい、スマホゲームセカンダリ市場は2017年に約1000億円市場となると予測されています。3年で22倍の市場成長が見込める急成長マーケットのようです。

プロダクト事業部の紹介

株式会社INDETAIL プロダクト事業部Growth Cloudチームの嶋田幸菜さんより、Growth Cloudの紹介
続いてはプロダクト事業部Growth Cloudチームの嶋田幸菜さんより、Growth Cloudの紹介です。Growth Cloudは「システム開発にかかる導入費用と準備期間をゼロにする」というキャッチフレーズを持ったネットを活用したビジネスが始められるツールです。例えば通常、ショッピングモールを構築する場合、多額の費用がかかりますが、Growth Cloud初期導入費用無料で始める事ができます。費用は活用した分だけ支払うレベニューシェアです。2015年度導入が約100件、2016年度導入が約700件を目標に動いています。嶋田さんは「2015年3月までに100件の導入が目標ですが、この100件はただの導入ではありません。100件の企業の課題を解決して、ハッピーになる未来を作りたいと思っています」と熱を込めてお話されていました。

Growth Cloudチームメンバー紹介

株式会社INDETAIL プロダクト事業部Growth Cloudチームの鈴江純希さんよりGrowth Cloudチームのメンバー紹介
最後にプロダクト事業部Growth Cloudチームの鈴江純希さんよりGrowth Cloudチームのメンバー紹介です。各方々のプロフィールやパーソナリティを紹介し、最後にこのような一言でメンバー紹介を終えました。「なんとこのGrowth Cloudチーム3人の男性の名前、純希、公希、定希、いずれも”希”がついています。こんなに希望のあふれる事業はありません!」

最後は鈴江純希さんより一本締めでパーティーが終了です。ありがとうございました!
鈴江純希さんより一本締め

株式会社INDETAIL
〒060-0042 札幌市中央区大通西9丁目3番地33 キタコーセンタービルディング2F

北海道札幌市中央区大通西9丁目3番地33 キタコーセンタービルディング

Pocket