札幌への熱い想いを語る! #みんなの札幌移住計画4 レポート 発表セッション編

カテゴリ:
札幌への熱い想いを語る! #みんなの札幌移住計画4 レポート 発表セッション編

札幌移住計画は2019年1月19日(土)、「#みんなの札幌移住計画4」を開催しました。

「みんなの札幌移住計画」は札幌に移住を促進する団体、札幌移住計画が年に一度、東京で開催しているイベント。今回が4回目の開催です。今年のテーマは「札幌で働く理由」。どのようなイベントになったのでしょうか。

(詳細はイベントページをご覧ください #みんなの札幌移住計画4 「札幌で働く理由」 | 札幌移住計画 )

ライター : 赤沼俊幸 写真撮影 : 井原圭紀・遠藤隆与・Yasuhiro Kaida・赤沼俊幸 取材日 : 2019年1月19日

会場は東京駅近くのJOB HUB SQUARE

JOB HUB SQUARE2階

今回の会場も東京駅の近くにあるJOB HUB SQUARE。今回は2階で開催。

東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE

東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 

先着200名の来場者によつ葉乳業より「よつ葉のバターミルクパンケーキミックス」がプレゼントされました。

よつ葉のバターミルクパンケーキミックス
よつ葉のバターミルクパンケーキミックス

タイムテーブル

イベント、みんなの札幌移住計画4を各発表セッション、一般出展エリア、企業出展エリアに分けて紹介します。本記事では各発表セッションをどうぞ!

みんなの札幌移住計画4 タイムテーブル
みんなの札幌移住計画4 タイムテーブル

札幌おもしろ人図鑑2019

札幌おもしろ人図鑑

最初の発表セッションとして始まったのが「札幌おもしろ人図鑑2019」。札幌の最前線で活躍する人たちの話を聞き、人生に触れることによって、今の札幌を知ろうという企画。登壇したのは以下の4名です。

マーケティストの赤沼俊幸。Webマーケティングのマーケティスト、札幌移住計画、赤沼俊幸の写真都市、ドハマリなど自身の活動を発表
マーケティストの赤沼俊幸。Webマーケティングのマーケティスト、札幌移住計画、赤沼俊幸の写真都市、ドハマリなど自身の活動を発表。
世界初お菓子テックカンパニーCEO、柴田アリサさん。アレルギーに対応した皆が安心して食べられるお菓子を開発。
世界初お菓子テックカンパニーCEO、柴田アリサさん。アレルギーに対応した皆が安心して食べられるお菓子を開発。
北海道ウェディングを世界へ発信する大江千紘さん。北海道の大自然をオシャレにカッコよく世界に発信。
北海道ウェディングを世界へ発信する大江千紘さん。北海道の大自然をオシャレにカッコよく世界に発信。
北海道の「面白い」をつくる!肉ソン大統領補佐官、阿野洋介さん。HIPHOPグループ、リーシリーボーイズをディレクション。

セッション中は木村あゆみさんによるグラフィックレコーディングがリアルタイムに展開。

セッション中は株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによるグラフィックレコーディングが展開。
株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによるグラフィックレコーディング。

発表後はトークセッションが開催。

各発表後はトークセッションが開催。
阿野洋介さんが急遽、司会に回る場面も。
「札幌おもしろ人図鑑2019」のグラフィックレコーディング(絵・木村あゆみさん)
「札幌おもしろ人図鑑2019」のグラフィックレコーディング(絵・木村あゆみさん)

笑顔になれる街、さっぽろの魅力

午後最初のセッションは札幌市による「笑顔になれる街、さっぽろの魅力」。札幌に実際住むにあたっての基本情報から、生活情報、魅力を紹介しました。

発表は札幌市経済観光局 国際経済戦略室 IT・クリエイティブ産業担当課 髙橋 宗太郎さん
発表は札幌市経済観光局 国際経済戦略室 IT・クリエイティブ産業担当課 髙橋 宗太郎さん

札幌の賃貸マンション・住環境について

続いては不動産のビッグによる札幌の賃貸マンション・住環境について発表する「EPISODE Ⅳ 新たなる希望」。札幌と東京のマンションを比べ、「同じ環境の場合、どれくらいの家賃差があるか?」というテーマから、後半は珍名札幌マンションについて発表。会場は爆笑に包まれていました。

発表者は札幌移住計画・株式会社ビッグの熊谷義宏さん
発表者は札幌移住計画・株式会社ビッグの熊谷さん

Uターン起業セッション

14時代は札幌にUターン後、起業した社長によるUターン起業セッションが3人続きます。

株式会社バーチャルキャスト代表の松井健太郎さんからは「いま札幌でVRベンチャーを作った理由」と題し、VRベンチャーを作った実体験を通して札幌で起業するメリット・デメリットを語りました。

札幌移住計画代表・株式会社インフィニットループ代表・株式会社バーチャルキャスト代表の松井健太郎さん
札幌移住計画代表・株式会社インフィニットループ代表・株式会社バーチャルキャスト代表の松井健太郎さん

株式会社ディーボ代表取締役の藤沢竜志さんからは「なにわエンジニアの札幌Iターン物語 〜 札幌はホンマにええ街やわ!」と題し、大阪生まれのエンジニアである藤沢さんが東京を経由して札幌へIターン移住して24年、子育てから起業に至るまで、移住して本当に良かったと思えた体験談を語りました。

株式会社ディーボ 代表取締役の藤沢竜志さん
株式会社ディーボ 代表取締役の藤沢竜志さん

「札幌や北海道が好きで地元に貢献したい」という理由からUターン起業して3年目を迎えた株式会社ノースアンビシャス代表取締役の田中健人さんからは「20代で札幌Uターン起業してわかったローカルの可能性」と題して、東京でのベンチャー企業の創業期を経験や、20代で札幌で起業してからの体験談を語りました。

札幌移住計画・株式会社ノースアンビシャス 代表取締役の田中健人さん
札幌移住計画・株式会社ノースアンビシャス 代表取締役の田中健人さん

今、北海道のAI開発が熱い!北海道からAIで世界に挑戦

15時代は今、最も話題のAIセッション。「今、北海道のAI開発が熱い!北海道からAIで世界に挑戦」と題して、土田安紘さんからはドラックストアチェーン「サツドラ」でAIカメラを活用した、新時代の小売実現に向けての取り組みを紹介。 

AI TOKYO LAB株式会社 CTO、AI HOKKAIDO LAB所長の土田安紘さん
AI TOKYO LAB株式会社 CTO、AI HOKKAIDO LAB所長の土田安紘さん

川村秀憲さんからは「地域×AI」として、テレビ番組等でも取り上げられた「AI俳句」を中心に、SAPPORO AI LABでの取り組み事例を紹介。地域、地方の課題からAI開発プロフェッショナルの必要性を発表しました。

北海道大学調和系工学講座教授、SAPPORO AI LABラボ長の川村秀憲さん
北海道大学調和系工学講座教授、SAPPORO AI LABラボ長の川村秀憲さん

LOCAL Community Summit 2019

LOCAL Community Summit 2019

同会場で午後からは一般社団法人LOCALが主催するLOCAL Community Summit 2019と同時開催。

LOCAL Community Summitは「地方のエンジニアやコミュニティの取り組みを、地元だけではなく東京でも発表してみよう!」「私達の地域の楽しさを、他の地域のエンジニアにも伝えよう!」「地元を離れ首都圏で活躍しているエンジニアや、いろんな地域のコミュニティと繋がろう!」というテーマで開催するIT系勉強会イベントです。

LCS2019実行委員長、一般社団法人LOCAL理事の@hokkai7goによる開会の挨拶
LCS2019実行委員長、一般社団法人LOCAL理事の@hokkai7goによる開会の挨拶

今回のキーワードは「コミュニティ運営とエンジニアとしての成長」。株式会社オミカレ副社長/CTOの@soudai1025、LINE株式会社の@941など豪華メンバーが登壇。北海道にいた方、LOCALと繫がりのある方を中心としたIT技術者が多数集まりました。

札幌未来茶論2019

札幌未来茶論2019

16時代はLOCAL Community Summit 2019と合同で開催する「札幌未来茶論2019」。第一部は「みんなの札幌移住茶論2019」、第二部は「仮想札幌市長選」が開催しました

みんなの札幌移住茶論2019

第一部は「みんなの札幌移住茶論2019」は先輩移住者による自己紹介、移住体験談の話を聞き、その後は移住を考えている架空の悩みをモデルケースに、先輩移住者が移住計画をアドバイスするトークイベントです。

まずは登壇者による自己紹介、自身の活動紹介、移住体験談について語ります。

一般社団法人LOCAL理事、さくらインターネット エバンジェリスト、レピダム 広報。インターネットソサエティ 日本支部 Officerの三谷 公美さん
一般社団法人LOCAL理事、さくらインターネット エバンジェリスト、レピダム 広報。インターネットソサエティ 日本支部 Officerの三谷 公美さん
一般社団法人LOCAL理事、北海道情報セキュリティ勉強会 代表、U-16プログラミングコンテスト札幌大会 実行委員長の八巻 正行さん
一般社団法人LOCAL理事、北海道情報セキュリティ勉強会 代表、U-16プログラミングコンテスト札幌大会 実行委員長の八巻 正行さん
フリーランスの執筆屋、あんちゃさん
フリーランスの執筆屋、あんちゃさん
プレゼン後は各ケースを元に、各登壇者がアドバイス
プレゼン後は各ケースを元に、各登壇者がアドバイス
株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによる「みんなの札幌移住茶論2019」のグラフィックレコーディング。
株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによる話をまとめた「みんなの札幌移住茶論2019」のグラフィックレコーディング。

仮想札幌市長選

最終セッションは最も多くの方が集まりました

第二部であり、イベントの最終セッションは「仮想札幌市長選」。札幌で活躍するプレイヤーに「自分が市長だったら、こんなところをこうしたい!」という勝手に妄想マニフェストを語り、聴衆による選挙を行いました。立候補者はこの4名です。

レボリューションインフルエンサーの関聖二さん。石狩市ブースも担当
レボリューションインフルエンサーの関聖二さん。石狩市ブースも担当。女性にやさしい札幌の姿を熱弁。
札幌移住計画の松井健太郎さん。VRの活用を熱弁
札幌移住計画の松井健太郎さん。VRの活用を熱弁。世界初バーチャル市長を目指す。
タレントの脇田唯さん。TV、ラジオ、LIVE、イベントMCなど多方面で活躍中。演劇を中心として、芸術に触れる環境を増やす札幌の姿を熱弁。
合同会社肉ソン大統領補佐官の阿野洋介さん。痛風の薬を無料配布を熱弁。

演説後は投票が行われます。投票権は観覧していた全ての方々。結果は……

最終セッションは最も多くの方が集まりました
最も多くの方が集まりました最終セッション。
投票数トップは阿野洋介さん。おめでとうございます!
投票数トップは阿野洋介さん。おめでとうございます!
株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによる話をまとめた「仮想札幌市長選」のグラフィックレコーディング。
株式会社MIERUNEの木村あゆみさんによる話をまとめた「仮想札幌市長選」のグラフィックレコーディング。

続きの記事へ

本記事はみんなの札幌移住計画4を各発表セッションを中心に紹介しました。続いての記事では、出展エリア、企業出展エリア、懇親会を紹介します。

札幌移住計画の他記事

この記事をシェアする

私が書きました!

マーケティスト代表。札幌を中心にWebマーケティングコンサルティング・サポートのサービスを提供しているフリーランス。キタゴエでは北海道IT業界の最前線をお伝えします!プライベートでは今熱中している趣味を話すドハマリや、赤沼俊幸の写真都市というイベントを行っています。最近はnoteも書いています。

最近の投稿

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop