北海道のITに会いに行こう!

株式会社アートフルに行ってみた – 地下室のあるオフィスに初潜入!

最後に代表の船戸さんを含めてもう一度全景
Pocket

地下鉄南北線北24条駅から12分ぐらい北西に歩き、背の低い住宅街の中を抜けると、突然、下記の写真のような高いビルが目の前に現れます。この辺りには高い建物がなく、遠くから目立つビルです。ビルの名前はRafaye Tower。今回訪問する株式会社アートフルはRafaye Tower内にあります。

Rafaye Tower外観

真下からRafaye Towerを見上げると、より高さを感じます。Rafaye Tower外観、縦

株式会社アートフルが2015年5月にオフィスをこの場所に引っ越す、との連絡を受け、早速取材です!

早速、入ってみましょう。エントランスは高級感を感じます。Rafaye Towerエントランス

1階の通路を進みます。廊下を進みます

一見、なんの変哲もないドアを開けると、株式会社アートフルのオフィスがあります。株式会社アートフルのドア

株式会社アートフル、オフィス全景です。株式会社アートフルのオフィス内取材日は天気が良く、取材日のような天気の良い日は南向きの窓から太陽光が降り注ぐ明るくて快適なオフィスとなります!このオフィスでは社長の船戸さんやアルバイトを含め、4人の方が働かれています。

天井はコンクリート打ちっぱなし!天井はコンクリート打ちっぱなし

ある社員さんの机です。ある社員さんの仕事机

部屋と部屋は障子で仕切られています。障子

オシャレなライト!アートフルさんは一つ一つのあるものがかわいく感じました(こちらはニトリとのことです)。株式会社アートフルの電球

天井からはちょっとしたライトが吊るされています(こちらはIKEAとのことです)。天井からのライト

観葉植物のパキラこのパキラは昨年行われた札幌国際芸術祭2014のフォレストシンフォニーの展示のためにセンサーがきちんと動作するかの事前実験で、生態電位の計測テストとして活躍このパキラは昨年行われた札幌国際芸術祭2014のフォレストシンフォニーの展示のためにセンサーがきちんと動作するかの事前実験で、生態電位の計測テストとして活躍したようです。
「フォレスト・シンフォニー in モエレ沼」 supported by LOUIS VUITTON | 札幌国際芸術祭 2014

棚には提灯もありました。何に使うのでしょうか?提灯これは電子工作の実験や、サッポロオープンラボのネタを考えるのに使ったようです。以後は最近まで自宅の照明に使われていたようです。

Oculus riftも!
Oculus rift

天井を見ると、近未来っぽいものが!「これなんですか?監視カメラですか?」と聞いたのですが…atrful-55

実はこれ、TIMEDOMAIN miniというスピーカー。頭上から音楽が流れ、音がオフィス全体を優しく包みます。
TIMEDOMAIN mini

地下室へ潜入!

アートフルのオフィス。なんと、地下室があります! 地下室というのは男心をくすぐりますね…! 床のレバーのようなものを引くと、地下室への入り口が出てきます。地下室への入り口

入るのを試みてみます。地下室に入る

地下室には脚立で降ります。地下室と繋がる脚立

特別に地下室の机のみを公開! ここでは工作などの音が出る仕事を行っているようです。
特別に地下室の机のみを公開!

株式会社アートフルさんのインタビューは別記事で

最後に株式会社アートフル社長の船戸さんを含めてもう一度全景。
最後に社長の船戸さんを含めてもう一度全景

株式会社アートフルさんはWebコンサルティング、Web制作、システム構築、デジタルサイネージ制作などさまざまな事業を行っています。

この後、インタビューを行いましたが、実にたくさんのをことを語っていただきました!しかし、本記事中に入りそうもありません。。。インタビューでは株式会社アートフルや、船戸さん自身の活動を盛りだくさん話していただきました。かなりのボリュームになりましたので、別記事でまとめたいと思います。更新をお待ちください!

株式会社アートフル

〒001-0026 札幌市北区北26条西9丁目1-1-103

札幌市北区北26条西9丁目1-1

この記事を書いた人

赤沼俊幸
赤沼俊幸キタゴエ編集長
マーケティスト代表。札幌を中心にWebマーケティングコンサルティング・サポートを行っています。キタゴエでは北海道IT業界の最前線をお伝えします!
ASCII STARTUP 業界ポジトークでも月に一度の連載を行っています。
Pocket