北海道のITに会いに行こう!

美唄市がVR観光が体験できるスマホアプリを配信開始

bibai-vr

美唄市が、VR(仮想現実)技術を使って美唄市内の観光地を体験できるスマホアプリ「VR観光体験〜北海道美唄市」の配信を開始しました。価格は無料。

美唄観光VR

美唄観光VR
開発元:BIBAI CITY HALL
無料
posted with アプリーチ

 

このアプリに収録されている映像コンテンツは360度全方位で閲覧することができて、スマホ本体を動かすことによって美唄市内の観光地をバーチャルに楽しむことができます。

bibai-vr-usecase

収録コンテンツは美唄の観光名所5カ所で以下のものになります。

  • 桜の名所である「東明公園」

  • 渡り鳥のマガンが寄留する「宮島沼ねぐら立ち」

  • 美唄名物の「美唄焼き鳥」

  • 青い洞窟がある「ピパの湯 ゆ〜りん館」

  • 炭鉱遺跡「炭鉱メモリアル森林公園」

bibai-vr-usecase2

北海道内のVR観光の事例だと、他には上士幌町でも行われているようです。

360°VIEW/タウシュベツ橋梁空撮VR

また、楽天トラベルでは、自治体向け観光プロモーション事業として、オキュラスを活用したVR事業を行っているようです。

楽天がバーチャルリアリティ(VR)で自治体の観光プロモーション事業へ、第1弾は長野県と連携【動画】

今回の美唄市の取り組みは、スマホでVRで遠方の潜在観光客向けに地場コンテンツをプロモーションするという取り組み、上記の事例とはスマホアプリという点が異なります。効果はこれからに期待というところですが、毎回VRアプリをスクラッチで開発すると大変なコストになるので、うまくパッケージ化して横展開できるようになると良いですね。

美唄市

美唄市