北海道のITに会いに行こう!

「ちょっと間違った未来をつくる」株式会社バーチャルキャストが札幌に誕生!

世界初!?VR空間内のフォトセッション
Pocket

2018年7月27日(金)13時より開催された「ドワンゴのVR事業展開 記者発表会」にて驚きの発表がありました。

記者会見は六本木にあるニコファーレにて行われましたが、記者会見の一部はバーチャルキャストによるVR空間内でも発表する、というバーチャルキャストの特性を活かしきった記者会見となりました。

それぞれの発表者は場面によって、ヘッドマウントディスプレイを被り、VR空間に入り、バーチャルキャラクターで発表します。

発表者は場面によって、ヘッドマウントディスプレイを被り、VR空間上のバーチャルキャラクターで発表

この日の記者発表会ではバーチャルキャスト空間内でアイテムを贈れる「Vギフト」の開始(8月1日より)や、スマホからアバターの作成と配信ができる「カスタムキャスト」のリリース予定、3Dキャラクターを手軽に作り出せるサービス、「V☆カツ」の発表など、バーチャルキャストをもっと楽しむための発表がありました。

インフィニットループとドワンゴで合弁会社を設立

驚きの発表はバーチャルキャスト新機能発表後、13時50分ごろ。株式会社インフィニットループ代表取締役の松井健太郎さんより発表があります。

※以下は「ドワンゴのVR事業展開 記者発表会」で放送された内容をキャプチャした画像です。

六本木・ニコファーレにて開催された「ドワンゴのVR事業展開」に登壇するインフィニットループ松井健太郎さん

六本木・ニコファーレにて開催された「ドワンゴのVR事業展開」に登壇するインフィニットループ松井健太郎さん

驚きの発表とは、バーチャルキャストを運営する新会社の設立。新会社の名称は株式会社バーチャルキャスト。

株式会社インフィニットループと、株式会社ドワンゴによる合弁会社です。

株式会社バーチャルキャスト発表

株式会社バーチャルキャストの発表

同時に、株式会社バーチャルキャストの代表取締役社長に、松井健太郎さんの就任が発表

株式会社バーチャルキャストの代表取締役社長に松井健太郎さんの就任が発表

株式会社バーチャルキャストの代表取締役社長に松井健太郎さんの就任が発表

そして、キタゴエ読者にとって嬉しい追加情報として、株式会社バーチャルキャストの本社は札幌です! 詳しくは下記ページに掲載しているプレスリリースを参照ください。

ドワンゴ社との合弁会社「株式会社バーチャルキャスト」を設立しました | 株式会社インフィニットループ技術ブログ

わたしたちのビジョン

続いては株式会社バーチャルキャストの目指すビジョンについて発表。

『ちょっと間違った未来をつくる』

『ちょっと間違った未来をつくる』イメージ図

『ちょっと間違った未来をつくる』 松井さんは以下のように説明します。

「VRの世界はどんどん進化が進んでいます。このまま普通にVRの世界が進化すると、現実と地続きの未来になります(上記スライドの左側の”本来の未来”)。例えば、VR世界でも現実世界の常識・ルールやビジネスが持ち込まれます。でも、これは我々の本当に望む未来でしょうか?」と松井さんは問いかけます。

「違いますよね」と松井さんは語ります。

「我々が好きなものはこちらのほうの世界(上記スライド右側の”ちょっと間違った未来”)。せっかくの新世界なので、既存の常識を持ち込まず、ユーモアや遊びを溢れる世界にしたい。現実世界では叶えられない憧れがが叶う、おもしろい世界にしたい。VR空間では少しぐらい無茶をしても大丈夫です。現実世界にできない挑戦ができるのがVRの世界です」

これを特異点と説明。「我々の力で未来を進む方向を捻じ曲げて、我々好みのちょっと間違った未来を作りたい」

人類を5度くらいズレた方向に大きく進化させる!

人類を5度くらいズレた方向に大きく進化させる!

「人類を5度くらいズレた方向に大きく進化させたい」と語り、ビジョンを締めます。

わたしたちのミッション

ミッションは『脳汁の最大化』

ミッションは『脳汁の最大化』

『脳汁の最大化』 脳汁とは脳内麻薬のこと。興奮や幸せ状態な時にネットでは「脳汁がドバドバ出た」という言い方をすることがあります。

『脳汁の最大化』について、「仮想現実の技術を使って、人類の脳汁の分泌を最大化します。もっと簡単に言うと、幸せな人を増やします」と説明。

残念ながら、現実世界には格差があります。環境格差、経済格差。バーチャルキャストのミッションはその格差を埋めること。

例えば、貧しい方が自宅にいながら世界旅行できたり、容姿に自信がない方がモテモテになったり・・・現実世界における環境格差、経済格差を埋めることに繋がる、と説明します。

事業戦略・海外展開

その後は、事業戦略、海外展開についても発表。

わたしたちの強み

事業戦略としての強み。VR総合プラットフォームを創出してクリエイターが活躍できる空間を作る

海外展開。投げ銭文化がある中国が主なターゲットと話します

海外展開。投げ銭文化がある中国が主なターゲット

直近の動きとして、幅広く業務提携・事業提携を求めていくこと、投資も受け入れること、採用の強化を話し、発表を終えました。

フォトセッション

最後にはフォトセッションが行われます。なんとバーチャルキャストのVR空間内でのフォトセッション。これは世界で初めてではないでしょうか。

世界初!?VR空間内のフォトセッション

世界初!?VR空間内のフォトセッション

左から、取締役CVO(Chief Virtual Officer)のみゅみゅ、取締役CTOのMIRO(岩城進之介さん)、代表取締役社長の松井健太郎さん、取締役COOの石井洋平さんとなっています。

現実世界のフォトセッション

現実世界のフォトセッション

会社概要やメインメンバーはバーチャルキャストの会社概要ページからでも確認できます。


VRは一部の先進的なユーザーだけではなく、かなり認知度が向上してきました。VRの中でも、注目度が高いバーチャルキャスト。そのバーチャルキャストを運営する会社が札幌に誕生したことは北海道にとって、嬉しいニュースではないでしょうか。

新会社設立によって、どのようなちょっと間違った未来が作られるか。人類がどのように進化していくか。真っ只中にいる我々にとって、未来への楽しみがまた増えますね…!

参考情報

この記事を書いた人

赤沼俊幸
赤沼俊幸キタゴエ編集長
マーケティスト代表。札幌を中心にWebマーケティングコンサルティング・サポートのサービスを提供しているフリーランス。キタゴエでは北海道IT業界の最前線をお伝えします!他に札幌移住計画のイベントや広報担当。プライベートでは今熱中している趣味を話すドハマリや、赤沼俊幸の写真都市というイベントを行っています。
Pocket