北海道のITに会いに行こう!

北大などの道内4大学でクラウド型電子購買システムの共同利用を開始

北海道大学、室蘭工業大学、帯広畜産大学、旭川医科大学の4大学が購買業務のクラウド化した共同利用を4月1日から開始したそうです。

システム基盤には日立製作所のTWX-21 MRO集中購買サービスを利用とのこと。高そう。。kintoneでできなかったのか。

導入の目的は主に以下の点。一般的なクラウド導入目的ですね。

  • 従来紙出力していた申請業務をオンライン化して業務効率化と内部統制強化
  • 4大学共同利用によるボリュームディスカウント

 

北大ら4大学、クラウド型電子購買システムの共同利用を開始

国立大学法人の北海道大学、室蘭工業大学、帯広畜産大学、旭川医科大学の4大学は、各大学における物品購買業務に伴う一連の事務処理を支援するSaaS型の電子購買システムの共同利用を、4月1日から本格的に開始した。

 4大学は同システムを活用し、物品購買業務の効率化と内部統制の強化を目指す。北大と、システムを提供する日立製作所が4月27日に発表した。

 4大学ではこれまで、教員など物品の購買希望者が品名や型名、金額などの情報を、各大学が運用していた購買システムに手入力し、出力した帳票を事務職員に提出する形で購買を申請していた。入力ミスや記入漏れなどによる修正作業が必要になる場合があり、物品購買業務の効率化が課題となっていたという。

 今回の新購買業務システムでは、物品購買業務に必要となる物品選択、注文依頼、決裁、発注、検収などの一連の事務処理を電子化し、業務の効率化を実現。