北海道のITに会いに行こう!

札幌発!HTML5の電子カタログサービス、ebook5とは?特徴、ユーザーの集客方法について聞いてみた!

ebook5イメージ
Pocket

北海道のITサービス応援企画」第一弾は株式会社ルーラーの電子カタログサービス、ebook5を運営している株式会社ルーラーのインタビューをお届けします!

現在のユーザー数や、ユーザー数の増やし方など一般的な記事では紹介されないリアルな内容をお話いただきました。現在、Webサービスを運営している方、これから運営する方にとって役立つ内容になっています。

株式会社ルーラーの代表取締役であり、サービスチームを率いる沼博人さんにインタビューを行いました!

ebook5とはどのようなサービスでしょうか?

ebook5

PDFからHTML5の電子カタログを簡単に作成、公開、分析ができるサービスです。

電子カタログ簡単作成≪ebook5≫

サービス開始はいつでしょうか?

株式会社ルーラーの沼博人代表取締役

株式会社ルーラー代表取締役 沼博人さん

β番の公開は2010年9月。正式サービス開始は2012年3月。β版公開からは8年、正式サービス開始からは6年半経っていますね。

ebook5は他の電子カタログサービスと比べて、どのような特徴がありますか?

私たちが目指すのは電子カタログ市場におけるナンバーワンのサービスではありません。

「電子カタログ」や「電子ブック」という言葉はサービスをイメージしてもらいやすいため、「HTML5の電子カタログebook5」と名乗っています。ですが、私たちが目指したい姿は「Web上のPDF代替サービス」と言ったほうが正確かもしれません。

印刷物に限らず、WordやPowerPointなどのソフトウェアから書き出されたPDFを、Webを介して閲覧する時、手軽で簡単に利用してもらえる存在にebook5はなりたいですね。

ebook5はPDFに比べ、約3倍早く表示されます。必要なページを選んで元データをダウンロードすることもできます。

配信者はどのページのどの部分がよく見られているかまで分析ができます。カタログに限らず、Web上のPDFを代替するサービスとなります。少し大きな目標ですが、そのような姿をイメージしてebook5は設計・運用しています。

コンセプトを要約すると以下のようになります。

  • シンプルで素早いこと
  • 高度な分析ができること
  • 利用しやすい価格であること

ebook5は必要以上の機能をつけたり、UIを複雑にしたり、ロード時間を伸ばすということはしません。先ほど述べたコンセプトを大切にして、これからもサービス運営を続けたいですね。

想定しているターゲットについて教えてください

企業のWeb担当者様になります。スキルセットとして、プロではないが、パソコンに詳しい人。「Adobeのアプリケーションは触れないけど、Microsoft Office」は結構使えるよ!という感じです。

このようなターゲットの方に響くオウンドメディアとして「インスピ」というメディアで集客を図りました。

それまでebook5はクリエイティブ業種の方の代理購入が目立っていました。インスピによって現在は、企業の担当者が直接操作したり試すというターゲット像にぴったりの方の利用が大半を占めています。

ebook5を始めたきっかけはどのようなものでしょうか?

とある仕事の中で電子カタログを納品します。その時に初めて電子カタログという存在を知りました。

納品後、すぐにiPadが発売。お客様はiPadを使って、納品された電子カタログを試すのですが、動きません。iPadにはFlash Playerがインストールできないからですね。

当時、新規サービスを模索していた私はすぐにエンジニアと試験開発を行いました。すると意外にあっさりと動いたんですよね。半年後にはソースコードのダウンロード販売という形で世に出します。それが2010年9月。iPadの国内発売が2010年5月でしたので、リリースまで半年かかっていないスピード感でした。

現在のユーザー数を教えてください

サービスについて語る株式会社ルーラー代表取締役 沼博人さん

無料アカウントを含めると、累計16,000以上の開設があります。うち15%〜20%程度が有料化しています。

どのようにユーザーを増やしましたか?

初期段階では東京ビッグサイトや幕張メッセなどで開催されるB2B展示会に出展していました。ここで現在もご利用いただいているユーザーと出会い、多くのフィードバックをいただきました。代理店との出会いもあり、サービスの成長にも寄与いただきました(現在は新規代理店の受付は停止)。

サービスが少しずつ成長してくるにつれ、コンテンツマーケティングを中心としたWeb主体のマーケティング手法に切り替えていきます。

展示会は代理店・協業というビジネスチャンスはとても多いのですが、ユーザーを獲得するという点においては少しコストパフォーマンスが悪い、という判断でした。

ebook5を導入する場合の料金について教えてください

ebook5は新しい使われ方を提案するため、利用しやすい価格である必要があります。4つのプランがあり、基本的に上位プランほど高機能で作成可能なブック数が多くなります。

  • パーソナル1:¥500/月(税別)
  • ビジネス5 :¥3,000/月(税別)
  • ビジネス10 :¥5,000/月(税別)
  • ビジネス30 :¥10,000/月(税別)

また、年間契約の場合は2ヶ月分の料金がお得になります。さらに現在、2ヶ月分の無料に加え、他社の電子カタログサービスを使っている方はebook5に乗り換えで、今なら3ヶ月分が無料、合わせて5ヶ月分無料となるキャンペーンを行っていますので、こちらもご検討ください。

電子カタログ簡単作成≪ebook5≫

ーーありがとうございました。

インタビューを終えて

正式サービス開始から6年半経つebook5。6年半の間に、ユーザー獲得方法は展示会や代理店から、インスピなどのコンテンツマーケティングに変わった経緯をお聞きしました。

本インタビューで残念ながら収録できなかったのはebook5におけるUIのこだわり。機能は年々増えていますが、ebook5チームは本当に追加するべき機能かを十分に検討し、UIが複雑にならないように入念な検討、テストを行い、リリースしています。

運営期間が長くなると機能が増え、「以前より使いづらくなった」という声が出てくるのはWebサービスやアプリのあるある話。しかし、ebook5はそうはならないよう、あくまでシンプルで素早いことを目標としたサービス開発と運営の姿勢が印象的でした。いずれそのこだわりもお届けしたいと考えています。

キタゴエ訪問記事

キタゴエでは以前、株式会社ルーラーに訪問してきました。株式会社ルーラーに興味を持った方はあわせてご覧ください。

株式会社ルーラーに行ってみた – ebook5・インスピ・NEXT MAGAZINEの運営会社!

株式会社ルーラーのまかないをごちそうになってきた! – 粉から作るスープカレー!

この記事を書いた人

赤沼俊幸
赤沼俊幸キタゴエ編集長
マーケティスト代表。札幌を中心にWebマーケティングコンサルティング・サポートのサービスを提供しているフリーランス。キタゴエでは北海道IT業界の最前線をお伝えします!他に札幌移住計画のイベントや広報担当。プライベートでは今熱中している趣味を話すドハマリや、赤沼俊幸の写真都市というイベントを行っています。
Pocket