「バイオ×IT」の新展開~札幌発BIラボが目指すもの – NoMaps2019ビジネスカンファレンスレポート

カテゴリ:
「バイオ×IT」の新展開~札幌発BIラボが目指すもの – NoMaps2019ビジネスカンファレンスレポート

20191016日から20日までの5日間にわたり札幌市内で開催されたクリエイティブコンベンション、NoMaps2019。当記事では、10月16日(水)13:00からスタートの、「バイオ×IT」の新展開~札幌発BIラボが目指すもの~の様子を紹介します!

セミナーのテーマ

NoMaps BIラボ セミナー

満席となるセミナー会場

札幌市では、バイオ×ITによるビジネスをいち早く推進するため、今年「SAPPORO BI LAB」を立ち上げました。

医療や健康をはじめとする、バイオ分野の最先端研究で、今や欠かせなくなっているのがIT技術。IT技術を駆使して、ゲノムや遺伝子、タンパク質といった膨大で複雑なデータの解析が進められています。

当セミナーでは、札幌発の「SAPPORO BI LAB」が目指す、バイオ×ITの世界について3名の方にお話しいただきました。

 

バイオ×IT 札幌の強みを生かし新事業の創出を

株式会社ノースポイント 執行役員の磯 真査彦氏

1人目の登壇者はSAPPORO BI LABの代表を務める、株式会社ノースポイント 執行役員の磯真査彦氏です。「SAPPORO BI LAB」設立の経緯や目的についてお話しいただきました。

 

NoMaps BIラボ セミナー

札幌はバイオ分野で非常に最先端の研究や、札幌医大の再生医療の分野など、世界に誇る技術の蓄積があり、もう一方でIT産業は北海道全体で4千数百億円の産業規模があります。

そういった強みを生かし、バイオ分野における課題をIT技術により解決する、新しいビジネスの創出を推進する目的とし、設立されました。

 

SAPPORO BI LABで扱う「BI」とは広義的で、バイオインフォマティクスを含む、バイオ分野における課題をIT技術により解決する事業分野を総称するものとします。

 

バイオの市場規模は、OECDの報告によると2030年には1.6兆ドルになると予測されており、その背景にはゲノム解析費用のコストダウンやゲノム編集技術など目覚ましい技術革新があります。これらが産業を作るベースともなっています。

 

NoMaps BIラボ セミナー

SAPPORO BI LABは札幌市IoT推進コンソシアムという組織の中の分科会の一つで、既に設立されているSAPPORO AI LABとは姉妹組織です。

 

BIラボ運営委員会 メンバー

SAPPORO BI LAB 運営委員会 メンバー

 

バイオ×IT 世界のビジネストレンドについて 

中原拓氏

2人目の登壇者は株式会社ファストトラックイニシアティブ ベンチャーパートナーの中原 拓氏です。

バイオ×IT トレンド

アメリカでのベンチャー企業やスタートアップなど様々な経歴がある中原氏からは、日本を含む世界中でのバイオ×ITビジネスのトレンドについてお話ししてくださりました。

これらは例ですが様々なところにバイオやヘルスケアのデジタルトランスフォーメーションのチャンスがある、とのことでした。

 北海道がBIビジネスで振興するために

北海道がバイオ×ITで産業振興するためには、技術の波と市場ニーズの波と2つの波を乗りこなす必要があります。投資家サイドとしてのご経験もある中原氏いわく、これを両立しているスタートアップは多くないとのこと。技術も高く、市場ニーズも高いところで両立することが、産業をつくっていけるカギになるそう。

 

その第一歩になるのが、ネットワークを作ることで、ソリューションを持つ人とプロブレムを持つ人が一緒に新しい事業を作っていく。そうして起業家がチームができれば、そこからいろんなストーリーは始まっていく。SAPPORO BI LABがきっかけとなって大きな産業ができればいい。

また、バイオ分野にはローカルビジネスがない分、はじめからグローバルを狙っていくことが大事、ともお話されていました。

バイオ企業の立場からの視点

北海道システム・ サイエンス株式会社 岡田氏

3人目の登壇者は北海道システム・ サイエンス株式会社 研究推進本部 取締役本部長の岡田宰(つかさ)氏です。

同社は、札幌市の新川西に本社があり、分子生物学分野の研究支援などを行っています。

北海道システム・ サイエンス株式会社

現在はプレシジョンメディスン(精密医療、個別化医療)に力を入れており、これが実現できれば、個人の遺伝子を診断することで適切な抗がん剤の選定ができ、「多くの人にそれぞれに合った薬」を処方できる時代がくるだろう、と熱く語られました。

 

今後は「BI人材育成講座」開催

SAPPORO BI LABでは、人材育成を目的とした、全5回の「BI人材育成講座」を開催します。

BI(バイオ×IT)事業における市場・事例や、バイオインフォマティクスを中心としたBIの技術をビジネスに活かす方法などを学ぶことができます。

BI事業を手がける企業や専門家、研究者を講師にした、少人数の講座です。興味のある方はリンクから講座情報をご覧ください。

 

〈開催概要〉

日程 2019年10月16日(水) 13:00~14:00
会場 会議・研修施設ACU-A(アキュ)
(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45)
出演者
  • 磯 真査彦 氏(株式会社ノースポイント 執行役員)
  • 中原 拓 氏(株式会社ファストトラックイニシアティブ ベンチャーパートナー)
  • 岡田 宰 氏(北海道システム・ サイエンス株式会社 研究推進本部 取締役本部長)
  • 進行役:ノーステック財団 飯田 氏

 

NoMapsについてはこちらのインタビューもご覧ください。

 

 

この記事をシェアする

私が書きました!

合同会社EVOLbyAmeri代表。こちらではコワーキングスペースの取材やITイベントを担当。他の媒体では観光系や女性向けライフスタイルなどで執筆しています。

最近の投稿

ジョブボード

  • 社名
  • 募集職種
  • 内容
  • 給与・待遇
  • 詳細
  • 掲載終了日
  • ビットスター株式会社
  • エンジニア
    • エンジニア募集
  • 180,000円~
  • 詳細

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop