「NoMaps2019ってどんなことするんですか?」行ってみたい初心者が根掘り葉掘り聞きました(後編)

カテゴリ:
タグ:
「NoMaps2019ってどんなことするんですか?」行ってみたい初心者が根掘り葉掘り聞きました(後編)

こんにちは。キタゴエライターの早川です。

前回の記事では「NoMaps」の名前の由来や活動内容についてお話しいただきました。そして来る2019年10月16日から20日までの5日間はメインの会期である「NoMaps2019」が開催されるとのこと。

ビジネスカンファレンスに映画祭、音楽イベントなど盛りだくさんの内容だそうですが、まだまだわからないことだらけ。有料なの?一人で行っても大丈夫?ビジネスカンファレンスって何するの?

そんな「NoMaps2019」の疑問をいろいろ聞いてきました!

「NoMaps2019」ってどんなビジネスコンベンションですか?

「No Maps 2019」のイベントポスター

今年のコンセプトは「ベースキャンプ」です

nomaps-haya-200.jpg
早川
「NoMaps2019」ってどんなことをするのですか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
チ・カ・ホを中心として、ビジネスカンファレンスはアスティ45の「ACU」、展示会は「創世スクエア」や「チ・カ・ホ」、映画祭は狸小路にある「プラザ2・5」で開催するなど札幌のいたるところが会場になります。

中身に応じていろいろな会場を使ってそこをぐるぐると回遊していただきながら楽しんでいただくイベントです。
yamagishi-200.jpg
山岸さん
それ以外にも実験的な試みとして、会期中は狸小路商店街でイベント「TANUKI the Showtime」を開催します。このイベントではアーケード街1丁をまるまる会場として使って飲食ができる交流エリアを作ります。
nomaps-haya-200.jpg
早川
本当に札幌の街全体を使ったイベントですね。楽しそう!
yamagishi-200.jpg
山岸さん
今年のコンセプトは「ベースキャンプ」です。山に登るとき一旦拠点となる場所(ベースキャンプ)に集まるじゃないですか?
「NoMaps2019」というベースキャンプに集まって情報交換したり仲間を集めたりして、それぞれの山。つまり目標や挑戦したいことに向かっていってほしいという思いです。
hirose-200.jpg
廣瀬さん
地図にない山に登っていくための中継地として「NoMaps」を利用してほしいですね。
挑戦する人、応援する人、バックアップできる人、いろんな人が集まればベースキャンプ自体も活性化していくでしょうし。
nomaps-haya-200.jpg
早川
なるほど。「NoMaps2019」への参加はお金がかかりますか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
ビジネスカンファレンスは8000円(早期割引なら5000円)で、音楽イベントや映画祭などもチケットの購入が必要です。
yamagishi-200.jpg
山岸さん
映画祭は1プログラム1500円(前売:1000円)です。1時間30分ほどの時間の中で4~8本程度の短編映画が上映されますよ。
hirose-200.jpg
廣瀬さん
ただすべてが有料ではなく、チ・カ・ホや創世スクエアで行う展示会のような無料のコンテンツもあります。
nomaps-haya-200.jpg
早川
無料のものもあるんですね!
hirose-200.jpg
廣瀬さん
はい、無料のものも多くあります。カンファレンスやエンターテイメントイベントはチケット購入が必要ですが、自由に見られる展示やトークセッションもたくさん準備しています。

フラっと来てフラっと見てもらえればそれだけでもいいかと思います。
nomaps-haya-200.jpg
早川
初めて行くならどんなものがおすすめですか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
映画祭や音楽イベントは普通の映画やライブと思っていただいていいので興味ある方はぜひお越しください。

あと厚別区の青少年科学館プラネタリウムで開催するドームムービーも「新しいコンテンツを体験する」だけのことなので気軽に来れると思います。ドームムービーはプラネタリウムを使ったムービー上映会で昨年一昨年も大好評でした。
yamagishi-200.jpg
山岸さん
チ・カ・ホでやるような展示会は無料だし、まずはそこからでもいいかもしれません。

ビジネスカンファレンスって何ですか?

NoMapsの実行委員会委員長の廣瀬さんと広報の山岸さん

今年は3000本以上の応募作品の中から選んだ100本ほどの短編映画を上映するそうです。数がすごい!

nomaps-haya-200.jpg
早川
ビジネスカンファレンスって何をするのですか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
単純に言うとセミナーがたくさん聞けます。

新しい社会をテーマに技術系のことや今だと地方創生のことなどについて国内、海外含めて先進的な取り組みをされてる方に登壇いただきます。
nomaps-haya-200.jpg
早川
どんな方が登壇されますか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
今年のメインの方は石井裕さんです。マサチューセッツ工科大学のメディアラボという研究所でメディアアート系の研究をされている方なのですが、札幌出身ということで。

他にもいろんなジャンルの第一線で活躍されている方が登壇されます。
nomaps-haya-200.jpg
早川
すごそうですね!しかしビジネスカンファレンスに参加したことがない僕からすると8000円って少し高い気も…
hirose-200.jpg
廣瀬さん
カンファレンスはどうしてもお金がかかりますが、料金的にはすごく安く設定させていただいてますよ。

早割なら5000円ですし、2500円分のミートアップチケットもついてきます。それで3日間参加できますからね。
yamagishi-200.jpg
山岸さん
しかも25歳以下の学生さんならビジネスカンファレンスの入場料が無料ですよ!
nomaps-haya-200.jpg
早川
確かに3日分と考えると安いですね。そして学生にも優しい!
hirose-200.jpg
廣瀬さん
たしかに、北海道って「お金を払って情報を手に入れる」文化が弱い気がしていて、「お金がかかるから行きづらい」と言われることもあります。
nomaps-haya-200.jpg
早川
「情報」は目に見えないから有料だと躊躇する気持ちも少しわかります。
hirose-200.jpg
廣瀬さん
ただ、少しでもいいからお金を払って「情報をとりに来る」とか、「人のつながりを作る」文化をもっと北海道に根付かせたいです。だからメインのビジネスカンファレンスは無料には絶対にしない覚悟でやってます。
nomaps-haya-200.jpg
早川
カンファレンスと聞くとお堅いイメージがあるのですがスーツで行くべきでしょうか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
いや。むしろスーツで来るな(笑)って言ってるんですよ。「NoMaps」はノードレスコード「常識を脱ぎ捨てよう」ていうテーマでやっているので、自分が楽な格好で来てほしいです。

クリエイティブな発想をできるだけ皆さんにしてもらうためにも、カジュアルな雰囲気でお話したいと思ってます。
nomaps-haya-200.jpg
早川
ノードレスコード!ジャケットもいらないですか?
yamagishi-200.jpg
山岸さん
Tシャツと短パンでもOKです!

NoMaps2019は1人で行っても大丈夫ですか?

映画祭も音楽イベントなどもすべてカジュアルな格好で行きましょう

nomaps-haya-200.jpg
早川
イベントに参加するのは緊張することもありますが1人でも大丈夫ですか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
1人で来てる人はたくさんいるので安心して下さい。

ただ、交流したい場合、シャイな人だと会話に入れないことがあると思います。そんな時は誰かとつなげたりフォローしたりできるかもしれないので「No Maps」のスタッフに声かけてみてください。
nomaps-haya-200.jpg
早川
それは心強い。実際これまでに「NoMaps」の交流がきっかけで何か始まったことはありますか?
hirose-200.jpg
廣瀬さん
なかなか情報として見えにくいものですが、聞いてる範囲でも「起業する人が増えた」「札幌に支社ができました」などの報告は受けていますね。

それに「新しいことに挑戦する」方向に盛り上げていこうとする層が増えてきている手ごたえがあって、札幌の空気感も変わってきているように感じてます。
yamagishi-200.jpg
山岸さん
「NoMaps」に参加して会社を辞めてやりたいことを始めた人もいましたね。
nomaps-haya-200.jpg
早川
参加をきっかけに背中を押された人も多いのですね。「NoMaps2019」面白そうです!
僕のように「NoMaps2019」が気になり始めた読者さんはどうやって情報を集めたらいいですか?
yamagishi-200.jpg
山岸さん
公式サイトで情報を更新しているので見てほしいですね。

開催が近づくにつれてコンテンツページも増えていきます。分野ごとに探せるようになっているので興味があるコンテンツも見つけやすいと思います。
hirose-200.jpg
廣瀬さん
加えて、9月には「NoMaps2019」 のコンテンツが網羅された公式ガイドブックがチ・カ・ホや区役所、会場となる場所などで配布されます。
今は公式サイトを見つつ、配布が始まったらガイドブックを手に取ってみてください。

いろんなジャンルのいろんなことをやっているので、なにか1つは興味があるものが見つかると思います。

出会いや刺激が欲しい人は「NoMaps2019」に行ってみよう

「NoMaps2019」の周り方がわからない人向けに歩き方ガイドができるかもしれないそうです。期待しましょう。

ビジネスコンベンションと聞いて少し堅苦しいイメージがありましたが、むしろノードレスコードで堅苦しいとは真逆。カジュアルな場づくりを心がけていました。

札幌の街全体を使ってさまざまなコンテンツが楽しめる「NoMaps2019」の開催期間は2019年10月16日から20日までの5日間(音楽イベントは10月12、13日なので注意!)

展示会などの無料コンテンツだけを楽しむだけもよし、新しい出会いや刺激を求めてビジネスカンファレンスに参加してみるのよし、本当に誰でも参加できるビジネスコンベンションです。

あなたの興味がある分野も見つかるかもしれません。

今後「NoMaps2019」の開催日が近づくにつれて新しい情報がどんどん公開されていきます。公式サイトも要チェックですよ!

NoMaps公式サイト:https://no-maps.jp/

(9/13 追記)

NoMapsのガイドマップが公開されました。こちらからぜひ内容をチェックしてください!

この記事をシェアする

私が書きました!

愛知県から北海道に移住した25歳です。現在はプログラミングの職業訓練校に通いつつ、自身が運営してる個人ブログで書いたり他のWebメディアでライターとして書かせていただいたりしてます。北海道のIT情報について体験したことや取材したことをわかりやすくお伝えします!

最近の投稿

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop