北海道のITに会いに行こう!

街中の喧騒から離れ、誰にも邪魔されない時間を―三番街珈琲店

三番街珈琲店 外観
Pocket

皆さんは、どのような時にカフェに行きますか。仕事の合間や一息入れたいとき、一人でゆったりした時間を過ごしたいときなど、様々なシチュエーションがあるかと思います。そんな十人十色の想いを受けいれてくれる空間、それが今回取材させて頂いた三番街珈琲店です。

インタビュアー・取材・撮影・構成:高橋アメリ 取材日: 2017年11月13日(月)

地下鉄大通駅・すすきの駅の両駅から徒歩5分程度の立地にある、三番街珈琲店。PARCOなどのファッションビルや、新しく建てられた札幌信用金庫のビルなど、洗練された印象の駅前通りから1本入った、ビルの2階にあります。

三番街珈琲店 外観

一見カフェが入っているように見えないビル

近くには狸小路のアーケードがあり、昔ながらのお店も軒を連ねています。歴史ある建物と、新しさが混在している三番街。

三番街珈琲店・店主

「これからドン・キホーテや千秋庵のビルが建て替えとなり、ご近所のビルはどんどん新しくなっていく。5年したら街の風景は変わるはずだ。その頃、この店はどうなっているかな」と笑いながら話す、店主の竹中さんにお話を伺いました!

街中の喧騒から離れて、ゆったりとした時間を過ごせる店内

三番街珈琲店 店内

三番街珈琲店 テーブル席

取材時は夜でしたが、日中は窓から入り込む光でリフレッシュできそう!

店内は、商談や打ち合わせなどにも利用できるようなテーブル席と、一人でも気軽に来られるようなカウンター席があります。

三番街珈琲店・食器

エインズレイやウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲンなどブランドの食器が並んでいます。

コーヒーを用いた手法にて絵を描いている、札幌の在住の「み。(みまる)」さんの作品の販売や、雑誌が置いてあります。

三番街珈琲店

Wi-Fi利用可能です。電源はありません。

安らぎと活力を提供する空間でありたい

シックな雰囲気で、どこか昔懐かしい時間が流れるような佇まい。ここには、大学生やサラリーマンからお年寄りまで、幅広い年齢層の方が訪れます。仕事の打ち合わせをされる人や、ゆっくり読書している人、窓からの景色を眺めながら物思いにふけっている人など、お店での過ごし方も様々です。

座右の銘でもある言葉を教えてくれました

「カフェに来るお客様が求めていることは、どんなシチュエーションであれ、『また頑張ろう』という活力のようなものや、気持ちの切り替えなのではないでしょうか。

人によって様々な立場や事情がありますし、ましてやその人自身の気分も、日によって違います。少しでもお客様の状況や立場を汲み取りながら、心から求めているものを満たすお手伝いをしているつもりです」と、竹中さんがこのカフェに対する想いを話してくださりました。

座る席や表情などからお客様の気持ちを汲み取り、適切な距離感を図る。それは、竹中さんが長年ホテルで営業職をされていた時に培われた経験による賜物です。「私ができることを尽くし、お客様に温かな気持ちとなり帰ってもらう。それが私の使命なのです」

昨年の2月にオープンし、お客様のほとんどは何度もリピートしてくれる方や口コミを通して来る方だそう。中には、「誰にも教えたくない、独り占めしたい場所」と言うお客様も。何度も行きたくなる理由はお店の雰囲気から伺えます。

おすすめは自家製カタラーナとコーヒーのセット

三番街珈琲店・カタラーナセット
コーヒーはブレンドコーヒーのみ。フレンチとマイルドの2種類です。

三番街珈琲店

ネルを用いハンドドリップで淹れてくれます。

深煎りのフレンチと、濃厚な自家製カタラーナは相性抜群! セットで注文がおすすめです。数量限定のため、品切れていることもあるそう。他にも、スイーツメニューはシフォンケーキをメインに、2~3種類あります。トーストもあるので、簡単な食事を済ませるのにもよさそうです。

行き方

住所 北海道札幌市中央区南2条西2-8-6 NC北専ブロックビル 2F
電話番号  011-596-7114
営業時間  (月~金)10:00~20:00(土・祝) 12:00~20:00 (日)12:00~18:00
定休日 不定休
アクセス 札幌市営地下鉄各線大通駅、南北線すすきの駅 両駅から徒歩5分程度
Webページ http://xn--nbkycl2ox89q0pguwq2h1f.com/


三番街珈琲店
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西2-8-6 NC北専ブロックビル 2F

〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西2-8-6 NC北専ブロックビル

 

集中して自分の時間を過ごしたいときや、忙しい毎日に少し疲れてしまったときは、1杯のコーヒーと店主が織りなすこの空間が、きっとあなたの心を解きほぐしてくれることでしょう。

この記事を書いた人

高橋 アメリ
可愛いもの、新しもの好きなアラサー。見た目ふんわり、でもパワフル。
家と会社を往復する毎日に「このままでいいのかな」と悶々としていた時に自分の「好き」を見つけ、毎日が楽しくなったことをきっかけに「一歩踏み出した先の楽しい世界」や「新しい自分を見つける」後押しになる記事や「次の週末がちょっと楽しみになる」記事を執筆。
札幌在住。趣味は旅行とポーセラーツ(教室も開催)、カフェめぐり。
Pocket