北海道のITに会いに行こう!

その1杯に愛を込めた、ハンドドリップの珈琲を味わえるカフェ 南13条石山通珈琲

Pocket

石山通を車で走り、山鼻に差し掛かるところに、パッと目を引く赤い文字が浮かんだ茶色の建物。

ビルが多く立ち並ぶ中に、ひときわ目立っているのが、今回紹介する、南13条石山通珈琲です。

インタビュアー・構成・撮影: 高橋アメリ 取材日 : 2017年9月13日

築20年以上の建物を改装した南13条石山通珈琲は、レンガ造りの趣ある雰囲気。お店正面には、駐車場があるのも嬉しい。15台ほど駐車が可能。


緑が張り巡らされている入り口は、交通量が多い道路に面しているからこそ、現実世界から解放され、異世界へといざなわれるかのようです。

一人でも、誰かと一緒でも。ゆったりと落ち着いて過ごせる店内


柔らかなオレンジの光に包まれた店内には、2名、4名掛けのテーブル席と、お一人様利用に便利なカウンター席がレンガで仕切られています。


Wi-Fi利用可能な為、作業されている方が圧倒的に多く、夜はカウンター席がノートパソコンで埋まるのだそう。この日は日中でしたが、Macのノートパソコン片手に作業している方がいました。

どの時間も、絶えずお客様が来店されていましたが、18時~19時の間が比較的空いていることが多く、狙い目とのことでした。

Wi-Fiのパスワードが書かれた札がテーブルに置いてあります。電源はありません。

1杯1杯、愛を込めたハンドドリップ


この日は、コーヒーのスタンダードともいえる、フレンチ、マイルド、ヨーロピアンの中からフレンチをチョイス。豆は宮越屋珈琲のものを使用しています。

コーヒーには、焙煎度合いが浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎りの大きく4段階に分かれていて、それぞれの段階でも更に焙煎度合いが分かれるのですが、今回は深煎りの中で最も深いものを使用しています。

濃い目のコーヒーと聞き、「苦かったらどうしよう……」と、恐る恐る口に運ぶと、まるでミルクが入っているかのような、まろやかさが広がりました。酸味も少なく、澄んだ味わいに感動!


「同じフレンチでも、焙煎の度合いはもちろん、お湯の温度や落とすスピードが味に影響を与えます。また、飲む人の体調によっても味は変わります。女性はその変化が特に顕著かもしれません。」と、店長の柴崎さん。


手早く作業されながらも、コーヒーを落とすときはじっくりと、1滴1滴に愛を込めて……メリハリのある姿が印象的でした!

南13条石山通珈琲では、注文を受けてから、豆を挽き、ネルを用いてハンドドリップで淹れてくれます。「挽きたて・淹れたて」の一番おいしさを味わえるのが嬉しいです。

場所・行き方

南13条石山通珈琲 〒064-0913 北海道札幌市中央区南十三条西11丁目2-3

〒064-0913 北海道札幌市中央区南十三条西11丁目

住所 北海道札幌市中央区南十三条西11丁目2-3
電話番号 011-563-2388
営業時間 平日10:00〜2:00 金・土・祝前日10:00〜3:00
定休日 無し
アクセス 札幌市営地下鉄 西11丁目駅 車5分 / 札幌市営地下鉄 幌平橋駅 車5分
Webページ https://www.facebook.com/s13IshiyamaSt.cafe/

温かみのある店内では、落ち着きながら時間を忘れ作業に没頭できそう。日~木曜日は深夜2時、金・土・祝前日は深夜3時までと、遅くまで営業しているので、ゆっくり過ごしたい夜や気分を変えたいときに、ぜひ足を運んでみては。

この記事を書いた人

高橋 アメリ
可愛いもの、新しもの好きなアラサー。見た目ふんわり、でもパワフル。
家と会社を往復する毎日に「このままでいいのかな」と悶々としていた時に自分の「好き」を見つけ、毎日が楽しくなったことをきっかけに「一歩踏み出した先の楽しい世界」や「新しい自分を見つける」後押しになる記事や「次の週末がちょっと楽しみになる」記事を執筆。
札幌在住。趣味は旅行とポーセラーツ(教室も開催)、カフェめぐり。
Pocket