北海道のITに会いに行こう!

札幌コワーキングスペースの老舗!新しくなったクリエイティブラウンジSHAREに行ってきました!

Pocket

札幌にある老舗コワーキングスペースであるSHAREが、クリエイティブラウンジSHAREとして2018年4月に新しくなりました。

場所はそのまま!

フロアも増えて、ありとあらゆるものを自分で作れてしまうものづくり工房『SHARE GARAGE』と、落ち着いて作業に集中できる『TOWORK』という二つのエリアが誕生しました。

さらに使いやすくなった新しいSHAREをご紹介します。

撮影・構成 : みき なつみ インタビュアー : 赤沼俊幸 取材日 : 2018年5月16日

SHAREインタビュー風景

SHAREの斉藤社長にお話を聞かせていただきました。

SHARE斉藤社長

キタゴエ「今回なぜリニューアルをされたのでしょう?」

斉藤社長「以前は、すべてをオープンスペースにして、人と人との繋がりを生み出すことを意図していました。しかし、オープンであることで良い面もあれば、クローズドの方が良い面もあります。機材により音が出てしまう作業スペースと、集中したい場所を分けることで、それぞれのニーズに合わせて、より快適に利用できるようにしたいと思いました」

SHARE入り口

それでは早速、ご案内していきましょう。

映画「アバター」のネイティリが、入り口でお出迎えです。

 

「こんなもの作れるかな?」というワクワクを叶えてくれる場所。

それが『SHARE GARAGE』です。

様々な機材が完備されており、初心者からプロまで、どんな人でも気軽にものづくりを楽しむことができます。

クリエイターも、多数在籍しています。

SHAREガレージ

どんなものづくりができるのでしょう?ひとつひとつの機材をご紹介していきます。

SHARE3Dプリンター

立体作品がつくれる「3Dプリンター」は、立体作品をつくるスペシャリストです。デザインしたパーツを印刷し、組み合わせることで、大きな作品や複雑なものをつくることも可能です。

SHARE刺繍ミシン

Adobeのillustratorなどで作ったイラストを刺繍できる「刺繍ミシン」

手書きで書いたイラストをデータ化したものや、ロゴを素早く刺繍してくれる優れものです。オリジナルワッペンやハンカチづくりなど、様々な場面で使えそうです。

SHAREスクリーン印刷機

「スクリーン印刷機」もAdobeのillustratorでデータ化したものであれば、簡単に印刷できるそうです。

オリジナルTシャツやYシャツ、トレーナー、トートバッグなどに大活躍です。

SHAREレーザーカッター

こちらは、SHAREで一番人気の「レーザーカッター」です。切り込みが細かく調整できるため、幅広い作品作りに応用可能です。全国的に活躍されている木工作家も愛用されているそうです。

 

これら機材はすべて常駐スタッフが使い方をレクチャーしてくれます。材料さえ用意すれば、あとは月額会員料だけで利用できるなんて、すごい・・・!印刷代とかのコスト面を考えれば、お得感が高すぎます。

SHARE作品

こちらはレーザーカッターを主に使用した作品です。木製パネルを加工してピアス販売のための台、ハンコなど、切り込み方を変えるだけで、このような作品が作れてしまいます。

SHARE作品

こちらの木工作品もレーザーカッターで制作しています。ゴジラなのだそうです。

SHARE作品

スマホケース、木のバッチ、布のポーチなど、様々な素材に印刷をすることでいろんなグッズが簡単に作れてしまいます。Adobeのillustratorでデータさえ作れれば、大体の作品は作れるそうです。

SHARE作品

奥の壁に飾ってあるの額のアートは、アクリル板に写真を印刷しています。インテリアとしてもオシャレです。

コワーキングスペースなので、コンセントもバッチリ完備されています。ドリンクは無料。コーヒー、紅茶など、数種類のドリンクが飲み放題です。

 

『SHARE GARAGE』は、工具の音が出てしまうので、ワイワイおしゃべりをしながらできるのが、この空間の特徴です。

SHAREドリンク

壁にデザインされた文字が印象に残りました。

「Good design is good business.」

「伝えたいこと」をより明確に「伝えること」ができる。

デザインは、情報を視覚化する手段です。

 

デザイナーやクリエイターは、ウェブ制作のコーディングスキルやアプリ開発技術などを求めています。

ITを得意とする技術者とクリエイターが繋がることで、新しいアイデアやビジネスのヒントが生まれる。

 

そんな出会いもまたコワーキングスペースの魅力かもしれませんね。

 

隣には『TOWORK』というプライベートなコワーキングスペースもあり、ビジター会員でも利用可能です。

『TOWORK』では、基本的には会話をせずに、一人で黙々と作業に集中できるよう、気を配られています。

SHARE文字

月額会員さんのみが利用できるエリアも覗かせていただきました。

SHARETOWORKソファ

ここのソファースペースは、人気なのだそうです。本を読んだり、リラックスしながらインプットするのも大事ですよね。

SHARETOWORKデスク

集中できるように、と配慮された作業スペース。音にも気を使われています。

SHARETOWORKプライベート

同じビルの5階では、『TOWORK Private』という、さらにプライベート感の高いスペースがあります。

SHARETOWORKルーム

一つ一つの席に間仕切りがあり、防音効果があります。周りを気にせず作業に集中できるという繊細な気遣いのある空間です。

こちらのスペースは広いので、イベントスペースとしてもたまに利用したりもしているそうです。

まだリニューアルオープンしてから間もないため、どうやって利用しようかと検討中のようで、今後の展開が、とっても楽しみです!

SHARETOWORKミーティング

ミーティング室もありますよ。

SHARETOWORKレフ

写真撮影のためのレフ板なんかも、さりげなく用意されてます。クリエイターのかゆいところに手が届く細やかな配慮が嬉しいです。

SHARETOWORKインタビュー

新しくなったコワーキングスペースSHARE、いかがでしたでしょう?

ビジター会員さんだと入会金1000円で、2時間500円/1日利用1000円で利用できるので、カフェでノマドするより、なんとなくお得です。

気になる!という方は、まずは、ふらっと利用してみるのがオススメです。

今後SHAREでは、WEBマガジンなどで情報発信をしながら、クリエイターさんたちを応援したり、様々なワークショップを開いたり、様々なことを企画しているそうです。

プリンターやレーザーカッターなど、機材の使い方もスタッフさんが丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心して制作できます。

「つくってみたい!」「やってみたい!」を叶えてくれる場所。

斉藤社長は、「ぜひ多くの人に利用してもらいたい。」と仰っておりました。

なんにも知識がなくても大丈夫。まずはSHEREへ行ってみてください!

 

前回の記事はこちらです。

SHAREに行ってみた – 札幌ものづくりオフィス&カフェ

撮影・構成 : みき なつみ インタビュアー : 赤沼俊幸 取材日 : 2018年5月16日

Cleative Lounge SHARE - SHAREGARAGE & TOWORK –

北海道札幌市中央区北2条東1丁目3-3サンマウンテンビル3階

●札幌市営地下鉄さっぽろ駅22番出口より東へ徒歩5分
●札幌市営地下鉄バスセンター前駅3番出口より北へ徒歩6分

北海道札幌市中央区北2条東1丁目3-3サンマウンテンビル3階

この記事を書いた人

みき なつみ
みき なつみ
個人事業主。ライター業のほか、グラフィックデザイン・ブランディング・イラスト制作。〜なにもなくても豊かな暮らしと持続可能な未来のカタチを描く。小さな暮らしのWEBマガジン〜「HÄNd (ハーンド)- hand in hand –」の運営をしています。
Pocket