見込み客、取りこぼしていませんか? マーベルサプライが行うWebマーケティングに迫る

カテゴリ:
タグ:
見込み客、取りこぼしていませんか? マーベルサプライが行うWebマーケティングに迫る

「営業事務の部分まで手が回らない」「せっかく展示会に出展しても名刺交換しっぱなしになってしまう」……そんなお悩みを抱えている企業の方も少なくはないのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、HubSpot (ハブスポット)というマーケティング・営業支援ツールです。

営業を行う会社はもちろん、オウンドメディアを持つ企業にとっても役立てるとのこと。そんなHubSpotを使ってWebマーケティングを行っている、有限会社マーベルサプライにお話を伺ってきました!

インタビュアー・取材・撮影 : 高橋アメリ・中村真紀 構成:高橋アメリ 取材日: 2019年1月16日(水)

有限会社マーベルサプライのWebマーケティングとは

田邊社長

「実は見込み客ってどこにでも散らばっているんですよ。ちょっとこちらの表を見てください」と田邊社長。

田邊社長ー「こちらの表では、様々な段階を経て見込み客から実際にサービスを利用し、リピーターになるまでの過程が描かれています。ファネルとは、ろうとの意味で、広い間口から顧客が絞り込まれいく様子が例えられています。

例えば、私がコンサルで入らせていただいている企業は、広告を出したとしても、その後どうする?というところまで考えられていることは少なかったです。いわゆる出しっぱなしの状態で、せっかく費用をかけて広告を出しているのにもったいないですよね。

私たちはそのような事態を軽減するべく、広報とセールスのつなぎのような役割として、HubSpot(ハブスポット)というツールを利用し、webマーケティングコンサル行っています。

先ほどの例の場合は、広告を出した際にメルアドを獲得して次のアクションにつなげていくといったような仕組みを一緒に考えていくのです。

私たちの目標は、世界中すべてのWebフォームにCRMを連携させることと、日本中の企業で更新が止まっている全てのblogをアクティブにすることです」

HubSpotとは

HubSpotはマーケティングツールと営業支援ツールです。先ほどのファネルを実践できるものとして、2006年にアメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されました。

 

Webマーケティングにおいて、広告やダイレクトメールなどの従来の一方通行の情報発信(アウトバウンドマーケティング)は集客に結びつけることは難しくなってきています。

そこで編み出されたのが、インバウンドマーケティングという、人々を惹きつけて見込み客を顧客へ転換させる手法です。HubSpotにはこのインバウンドマーケティングをスムーズに実践するためのツールとして開発されました。

 

営業を効率化できる機能が豊富!

日々業務に追われていると、細かな情報の記録まで手が回らなかったり、会社によっては様々なツールをいったりきたりして手間がかかったりしますよね。

Hubspotの画面

HubSpotでは取引先ごとに、やり取りを一元管理することができる機能があります。

Hubspot進捗管理

コメントを残し進捗管理やメールを紐づけもできるので(Gmail、Office365のみ)、担当者以外でもどのような状態なのかを一目で把握できます。

獲得した顧客情報の効率的な管理や、顧客とのやり取りを一覧にできる機能ができるのは嬉しいですよね。さらに追跡や対応ができることで取りこぼしも防ぐことができそうです。

このほかにも、下記表のような機能がありますよ。

他社のマーケティングオートメーションツールとの違いは、HubSpotはマーケティングからセールス、アフターサービスまでのオールインワンパッケージ商品のためコストを抑えることができるのと、テンプレートが充実している点です。

導入している主な業種は、税理士や司法書士などの士業の方や、不動産・住宅メーカーなどお客様の検討期間が長い業種の方が多いです。医療機器を扱うメーカーでも導入されています。

最近では人材会社の方からも問合せがありましたが、採用のフェーズごとに管理するのに役立っているようです。

 

BtoB/BtoCの種類や企業規模を問わず、様々な企業で導入されているんですね! 他にも意外な業種でも使える機能があるようですよ。

オウンドメディアを持つ企業の支えに!意外な使い方

ブログやSNS更新の際、「何を書こうか……」とネタに困るときってありますよね。せっかく更新しても、日記風の担当者よがりの内容になってしまったり(それを良しとする場合もありますが)そんなときも、HubSpotにおまかせ!

有料版のみとなりますが、カスタマージャーニーマップで、ブログネタを提供してくれる機能があります。キーワードを拾うだけで、ターゲット層に合ったコンテンツを記事にできます!

今や企業独自でブログを書いたり、SNSアカウントを開設する会社も多いですよね。更新の度にお悩みの企業はもちろん、企業のコンテンツ更新にかかわるwebデザイナーやライターが導入するのも便利そうです!

 

今回紹介したHubSpotについての詳細が書かれた資料をこちらからダウンロードできますので、より詳しく知りたい方はご覧ください。

料金について

これだけの機能があるHubSpotですが、月々のコストが気になりますよね。以下、通常プランとスタータープランが設定されています。また、機能に制限がありますが無料版のお試しもあります。

≪通常プラン≫

≪スタータープラン≫

\2月末まで!/キタゴエ読者限定プランとは

さらに、記事を最後まで読んでくださった方へ、2種類のキタゴエ読者限定プランをご用意してくださりました!

①顧客管理システム(CRM)無料&マーベルサプライによる設定サポート

 

こちらのリンクからのお申し込みで、HubSpotの顧客管理システム(CRM)でお使いいただけます。簡単な初期設定でwebフォームをデータベース化できます。顧客管理や営業案件管理、情報共有をクラウド上でできるようになります。

また、通常設定は自分で行わなければならないのですが、今回に限りマーベルサプライさんの方で設定サポートもしてくださります!

②インバウンドマーケティング(Marketing hub Professionalを無料で試せる!

こちらのリンクからのお申込みで、通常は有料版の機能である「Marketing hub Professional」を無料でお試しできます。マーケティングやセールスのプロセスを改善し、新しい顧客を増やしてみませんか。

 

詳しい内容については、それぞれのリンクからご確認ください。いずれも2月末までとなっておりますので、この機会にまずは無料版からお試ししてみてはいかがでしょうか。


これから人事異動なども増える時期に入ります。業務の引継ぎの際に、改めてマニュアルを作成したり、口頭での引継ぎはモレも発生してしまい後任の方が苦労する……ということも多いのではないでしょうか。今回紹介した、HubSpotのような営業支援システムがあれば、そういった労力を減らすことができそうですね。

また、通常の業務においても、一人分の人件費ほどの価格で、営業進捗の共有やスケジュール管理などもしてくれたり、オウンドメディアを持つ企業にとって欠かせない運用面もサポートしてくれるのは魅力的ですよね。

気になる方は問い合わせしてみてくださいね。田邊社長、ありがとうございました!

この記事をシェアする

私が書きました!

可愛いもの、新しもの好きなアラサー。見た目ふんわり、でもパワフル。 家と会社を往復する毎日に「このままでいいのかな」と悶々としていた時に自分の「好き」を見つけ、毎日が楽しくなったことをきっかけに「一歩踏み出した先の楽しい世界」や「新しい自分を見つける」後押しになる記事や「次の週末がちょっと楽しみになる」記事を執筆。 札幌在住。趣味は旅行とポーセラーツ(教室も開催)、カフェめぐり。

最近の投稿

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop