北海道のITに会いに行こう!

震災直後だからこそ意味がある。道東×IoTハッカソン2018 IoTで観光・防災の課題を解決する!vol.2レポート〜中編〜[ハッカソン]

Pocket

キタゴエ道東支部のこちゆうです。今回は前編に引き続き、2018年9月22日(土)と23日(日)に釧路で行われた道東×IoTハッカソン!観光・防災の課題を解決する!Vol.2開催の様子についてレポートいたします。

前編はこちらから!

震災直後だからこそ意味がある。道東×IoTハッカソン2018 IoTで観光・防災の課題を解決する!vol.2レポート〜前編〜[フィールドワーク]

釧路市内を回るフィールドワーク、そしてオリエンテーションを終え、いよいよアイデア出しがスタート。今回はチーム分けも同時に行うという新たな手法が採られました。熱を帯びる会場の様子を御覧ください。

取材・撮影 : こちゆう 取材日: 2018年9月22日(土)

マンダラチャートを使ったアイデア出しスタート!

今回、釧路のハッカソンとしては初めて「マンダラチャート」によるアイデア出しが行われました。

マンダラチャートによるアイデア出し

マンダラチャートとは「目標達成シート」とも呼ばれ、目標・目的をマスの中央に記載し、連想される言葉を周りに書き出すことで、やるべきことを整理・言語化(見える化)するというものです。ここでは目的とする言葉を「防災」または「観光」「観光・防災」とし、アイデアを出していきます。

「観光・防災」としてアイデア出し

今回はまず個別でマンダラチャートを作成し、同じテーブルの人同士で情報を共有。面白そうな言葉にシールを貼っていき、その結果を踏まえてテーブルごとにマンダラチャートを作っていく、という流れで進められました。

個別でマンダラチャートに書き込む

それぞれのアイデアを共有

マンダラチャートで参加者一人一人の考えが可視化できるようになったことで、各テーブルでは活発な議論が。この時点で、かなり具体的な話まで落とし込んでいるところもありました。

それぞれのマンダラチャートを元に相談

続いて議論の内容をまとめて要約するタイトルをつけ、画用紙に記載するよう指示が出されます。

画用紙にアイデアのタイトルを記入

タイトルの書かれた画用紙は会場の前方に張り出され、全員が各テーブルの情報を共有できる形に。ひとつに絞る必要はないとのことで、張り出しのために用意されたホワイトボードには複数の画用紙が張り出されました。

各テーブルのアイデア

次に行われたのは全参加者によるアイデア投票です。掲示されたタイトルを見て「面白そうだ」「これを今回のテーマとして扱いたい」と思うものに、それぞれシールを貼っていきます。

シールが貼られたアイデア

張り出されたホワイトボードの前に立ち、ひとつひとつじっくり確認する参加者たち。自分たちのアイデアを採用してほしいという思いがある一方、気になるものも数多くあったようで、なかなか決めきれない人の姿も見られました。

アイデアの内容をチェックする参加者

投票の結果、以下6つが上位を競う形に。

  • 避難所間の情報共有
  • 観光地に来た時に付加価値を提供するアプリ
  • 災害時の情報を取りまとめるプラットフォーム
  • デマ防止の情報のレベル分け
  • 正しい情報
  • バスを災害拠点にする

このうち「デマ防止の情報のレベル分け」と「正しい情報」が類似していることからひとつにまとめられ、最終的に5つのタイトル(アイデア)が出されました。

やりたいことを軸にしたチーム編成

ここで「なぜ全チームのタイトルから上位5つを抽出するの?」と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。それはこの中から「自分がやりたいもの」を選び、それをもとにハッカソンチームを編成するためなんです。

投票の結果決まったハッカソンテーマ

実は今回のハッカソン、ここまで正式なチーム発表は行われておらず、たまたま同じテーブルに座った参加者たちでアイデアを出し合ってきました。ここからは参加者がやりたいものを軸に、改めてハッカソンチームを編成し、実装に移っていきます。

5つの机にひとつずつ置かれたタイトルを覗き込みながら、何をやってみたいか考える参加者たち。自分たちのアイデアが複数採用されて悩む人もいれば、他に面白そうなものを見つけ、悩む人も。

テーマ選びに悩む参加者たち

テーマ選びに悩む参加者たち

ある程度チームごとに分かれたところで、人数の偏りの微調整を行い、5〜6人から成る5つのチーム編成が無事完了。ここからはチームごとに具体的な実装内容を議論していきます。

ハッカソンチーム決定

果たしてどのようなものが出来上がるのか、その様子は後半でご紹介します。

後編は12月14日(金)に公開予定です。公開までしばらくお待ちください。

この記事を書いた人

こちゆう
こちゆう
合同会社Hokkaido Design Code執行役員。
奈良県出身、釧路市在住。本職はフリーライター。
釧路・十勝の魅力を発信するWEBサイト「くしろはてな」編集長。女性だけのライティング集団「ことのは」副代表。
釧路や道東、北海道に関する取材記事のほか、ビジネスノウハウや保育に関する記事やシナリオ作成などを行う。
Pocket