北海道のITに会いに行こう!

北海道技術者の最新技術発表!Kita-Tech 2017に行ってきた!【前編】ノースグリッド、インフィニットループ、ビットスターの発表あり!

背景変更も可能。クラブのような背景に。ツイートも画面内に表示しています
Pocket

2017年10月27日(金)13時よりジャスマックプラザで開催された「Kita-Tech 2017」(キタテック2017)に行ってきました!

「Kita-Tech 2017」は北海道IT企業に所属する技術者が1年に1度集まる北海道IT企業合同技術交流会です。

Kita-Techは昨年に引き続き、2回目の取材です!昨年の記事は以下をどうぞ。

AIやIoTやAR…北の技術者たちが今、最も興味がある技術を発表するKita-Tech 2016に行ってきた!

Kita-Tech 2017のレポートは前編、中編、後編に分けて、お送りします。

本記事、前編ではKita-Techの概要、企業発表前編として、行動履歴からの高速な共通パターン抽出法(株式会社ノースグリッド)、(たぶん)世界初!?おっさんでも美少女になれるリモートプレゼンシステム(株式会社インフィニットループ)、オフィスのコーヒーをもう余らせない!(ビットスター株式会社)を紹介します!

取材・構成・撮影 : 赤沼俊幸 取材日 : 2017年10月27日

Kita-Techとは?

Kita-Techは今年もジャスマックプラザで開催。ジャスマックプラザは地下鉄南北線すすきの駅徒歩5分、中島公園駅徒歩3分、豊水すすきの駅徒歩2分の場所にあります。

ジャスマックプラザ
〒064-8533 北海道札幌市中央区南7条西3丁目425

北海道札幌市中央区南7条西3丁目425

ジャスマックプラザの5F、ザナドゥで開催

ジャスマックプラザの5F、ザナドゥで開催

会場のジャスマックプラザのザナドゥ。参加者は丸テーブルに座ります。結婚式が行われるようなところです。写真右側に壇上とスクリーンがあります

会場のジャスマックプラザのザナドゥ。参加者は丸テーブルに座ります。イベントやウェディング会場として利用されることが多い会場です。写真右側に壇上とスクリーンがあります

今年は株式会社アートフル株式会社インフィニットループ有限会社サイレントシステムさくらインターネット株式会社株式会社ダイナシステムネットスター株式会社株式会社ノースグリッドビットスター株式会社株式会社リリー北海道総合通信網株式会社(50音順)が来場しました。来場者数は過去最高の105名。

今回のKita-Tech2017は発表15分、質疑応答5分。「インターネット関連技術に関わるもの全て、ソフトウェア、サービス等についてはプロトタイプを作成すること」という発表ルールになっています。この発表や質疑応答から審査員が審査。大賞、発表賞、技術賞が授与されます。

それでは発表を紹介します!

行動履歴からの高速な共通パターン抽出法(株式会社ノースグリッド)

行動履歴からの高速な共通パターン抽出法(株式会社ノースグリッド)

発表のトップバッターは株式会社ノースグリッド、岩崎玄弥さんです。移動経路に基づいたレコメンドの方法と、制作したアプリをデモとして紹介しました。

人が移動した軌跡や、緯度、経度、時間など膨大な移動軌跡データをそのまま扱うには、大量のリソースが必要になってきます。しかし、その大量のリソースを用意するのは難しい。そこで解決するのがビックデータを処理するためのアルゴリズム、群パターンを使います。群パターンとは時間、位置幅で高速に共通項が作れる理論です。

群パターンアルゴリズムを使ったデモ行い、事前に撮影した動画で制作したアプリを紹介します。

きたえ~るに行くと、

きたえ~るに行くと、

スマホ上でプッシュ通知がHOKUBU記念絵画館がおすすめされました

スマホ上のプッシュ通知でHOKUBU記念絵画館がおすすめされます

過去の行動履歴から、「きたえーるに行った人はHOKUBU記念絵画館に行く」というレコメンドが表示されました。今後の課題として、レコメンドに時間情報も考慮させ、「お店に行ったがすでに閉店していた」ということがないような機能の開発を視野に入れているようです。

(たぶん)世界初!?おっさんでも美少女になれるリモートプレゼンシステム(株式会社インフィニットループ)

株式会社インフィニットループの山口直樹さんが発表するのは、リモートプレゼンシステム。Kita-Techの発表のほとんどはスライドによる発表ですが、一味違うのはインフィニットループ。

VRライブスタジオを用いたリモートプレゼンシステムそのものをデモとして用いて、リモートプレゼンシステムについて説明する、という発表です。

リモートプレゼンシステムの発表

写真右側、スクリーンの右側がインフィニットループ公式キャラクターのあいえるたん

写真右側、スクリーンの左側が3Dになったインフィニットループの松井社長。松井社長はKita-Tech会場にはおらず、福岡のスタジオでこの3D松井社長を動かしています。松井社長の3Dモデルには一般にも配布されています

写真左側、あいえるたんを操作しているのがKita-Tech会場にいる山口さん。

VRライブスタジオを利用したリモートプレゼンシステム

松井社長と、山口さん。2人は別々の場所にいるにも関わらず、同じ画面内で掛け合いしています。これを可能にしているがVRライブスタジオを利用したリモートプレゼンシステムのすごいところ。

社長の3Dモデルは専用スタジオで撮影。

社長の3Dモデルは専用スタジオで撮影。撮影の様子はブログでも説明

概要の説明後は各機能の説明をしていきます。

カメラの切り替えが可能。カメラを任意の位置に配置して、別角度からリモートプレゼンを見ることもできます

カメラの切り替えが可能。カメラを任意の位置に配置して、VR内の別角度からリモートプレゼンを見ることもできます

お絵かきが可能。VR空間の中で絵を描いたり、文字を描いたりもできます

お絵かきが可能。VR空間の中で絵を描いたり、文字を描いたりもできます

3Dモデルの追加で変身が可能。怖いキャラクターになっています

3Dモデルの追加で変身が可能。怖いキャラクターになっています

巨大化。松井社長が巨大化しています。この後は、あいえるたんが巨大になりました

巨大化。松井社長が巨大化しています。この後は、あいえるたんが巨大になりました

ハッシュタグをつけてツイートすると、VR内にツイートが登場

ハッシュタグをつけてツイートすると、VR内にツイートが登場

背景変更も可能。クラブのような背景に。ツイートも画面内に表示しています

背景変更も可能。クラブのような背景に。ツイートも画面内に表示しています

機能紹介後はシステム構成、入力モジュール、出力モジュール、操作UIの説明を紹介してプレゼンを終えました。発表中、何度も笑いが起きたり、驚きの声が上がりました。発表後もざわめきが収まらず、Kita-Tech 2017上、最もどよめきが多かった発表になります。

オフィスのコーヒーをもう余らせない!(ビットスター株式会社)

オフィスのコーヒーをもう余らせない!(ビットスター株式会社)

キタゴエのライターでもおなじみのビットスター株式会社の広中裕士さんが発表するのは、コーヒーメーカー監視装置C-PRESSO。

ビットスターの終業時間は18時30分。しかし、コーヒーを作りすぎて、よく余ってしまいます。その問題を解決するために作ったのがコーヒーメーカー監視装置のC-PRESSOです。

コーヒーメーカー監視装置のC-PRESSO

C-PRESSOはコーヒーメーカーのコーヒー残量をブラウザ上でリアルタイムで視覚的に表示。プラカップ、マグカップであと何杯飲めるかがわかります。

コーヒーメーカー監視装置のC-PRESSO ブラウザ上でリアルタイムで視覚的に表示

2分経過毎に写真を撮影し、キャラクターがSlackに通知してくれます。残量次第によっては警告文も表示します。

コーヒーメーカー監視装置のC-PRESSO Slackに表示

C-PRESSOのフロー

C-PRESSOのフロー

C-PRESSOを設置した結果としては、Slackで通知されるため、目視で確認することもなくなり、コーヒーが余らなくなり、社内では酸化しない美味しいコーヒーが飲めるようになったようです。

続きは中編へ

本記事では企業発表の前半をお送りしました。中編では企業発表の後半を紹介します。

北海道技術者の最新技術発表!Kita-Tech 2017に行ってきた!【中編】ネットスター、ノースグリッド、さくらインターネット、ビットスターの発表あり!

Kita-Tech 2017記事

Pocket