人事制度と会社らしさ -フュージョン前編(ピアボーナス編)

カテゴリ:
人事制度と会社らしさ -フュージョン前編(ピアボーナス編)

初めまして、キタゴエ・ライターの木村綾と申します。私は札幌生まれ・札幌育ち、10年ほど道外で働いた後、2018年に札幌にUターンしました。民間企業の人事部門で人事労務の仕事をしており、現在は、大学の研究員として人材育成や働き方について調査研究しています。

自分らしくびのびと働く人が増えたら、札幌がもっとステキな街になるなと思い、キタゴエに参画しました。取材活動で街や仕事に愛着を持つ人とたくさん出会えるといいと思っています。今後、よろしくお願いいたします。

自己紹介が長くなってしまいましたが、今回は札幌に本社を置くダイレクトマーケティングエージェンシー、フュージョン株式会社にお伺いしました。

前編ではフュージョンについて、インタビュー対象者が入社した理由、変わった人事制度「ピアボーナス」について紹介します。

取材 : 木村綾・赤沼俊幸 構成 : 木村綾 撮影・編集 : 赤沼俊幸 取材日 : 2019年6月18日

インタビュー協力者紹介

(写真左)金田彩花さん 企画推進グループ 推進1部 (写真右)渡鍋みゆきさん 管理部 総務担当
※ 金田さんは、キタゴエ二度目の登場です。いつもありがとうございます。
(写真左)金田彩花さん 企画推進グループ 推進1部 マーケティング・アナリスト
(写真右)渡鍋みゆきさん 管理部 総務担当
※ 金田さんは、キタゴエ二度目の登場です。いつもありがとうございます。

フュージョン株式会社とは?

ーー以前にもキタゴエではフュージョンを取材させていただいたことがあるのですが、どんな会社か改めて教えてください。

鈴木森太郎さん 管理部 人事担当
鈴木森太郎さん 管理部 人事担当

鈴木さん:1991年創業のマーケティング会社です。お店から届く新商品案内のEメールや、郵便のダイレクトメールに関わる仕事です。ダイレクトマーケティングに特化しています。

店舗で持っている購買履歴や顧客情報などのデータから、そのお店や商品にマッチする特定の個人を絞り込み、効果的なアプローチを企画します。マーケティング活動をワンストップでご提供しています。

ーー渡鍋さんは、昨年中途入社されたそうですね。なぜフュージョンを選んだのですか?

渡鍋みゆきさん 管理部 総務担当
渡鍋みゆきさん 管理部 総務担当

渡鍋さん:最初のきっかけは、求人を見たことです。それからネットで調べ、他社で行っていない事業内容と、当社のFacebookの流しそうめんイベントの楽しそうな様子を見て興味を持ち、応募しました。

オフィスが札幌駅前に移転したばかりで、面接の際はキレイで感激したことも覚えています。前職は、メーカーだったので、入社後、雰囲気や社風の違いにもとても驚きました。

同僚間で送り合う「ピアボーナス」

ーーフュージョン株式会社で導入している変わった人事制度、「ピアボーナス」について教えてください。

ピアボーナス(一般的な解説)

仲間や同僚を意味する「peer」と報酬を意味する「bonus」を組み合わせた言葉。ボーナスは通常、上司からの評価や業績により支給額が決まる。ピアボーナスは、同僚からの評価に応じて基本給やボーナスとは別で支給される少額のボーナスのこと。

鈴木さん:導入のきっかけは、社長が他社で仕組みを知り、「当社の文化に合う」と決めたことです。当社では、専用のUnipos(ユニポス)というアプリを使っています。会社から、毎週、社員ひとり400P支給し、お互いにコメントとポイントを送りあう仕組みです。

1P=1円として年1回の賞与(利益還元金)支給時にもらったポイントを合計し、賞与に加算して支給します。最もたくさんピアボーナスを貰う人は、3万円/年くらい。

渡鍋さん:ピアボーナスでは、コメントをつけてポイントを送ります。「ありがとう」だけ、短いコメントでも良いのですが、社内全体に公開されるので、しっかりコメントを書く人が多いです。誰のどんなところに感謝してポイントを送るのか、わかるように書いています。

内容としては「障害が連発しているときに、対応してくれてありがとう」という大変な業務に対する仕事ぶりを評価するものや、「共有のゴミ箱のゴミ捨てありがとう」という、人事制度では評価されにくい日々の些細な感謝、あとは新入社員に対して「入社してくれてありがとう」という心温まるものなど。

会社が定める行動指針をもとにしたハッシュタグがあり、それをコメントの末尾につけているので、分類もできます。

金田さん:短いコメントでもよいのですが、私はピアボーナスを送るときにしっかりとコメントを書きたい方です。できるだけ具体的にエピソードを交えてコメントを書くようにしています。

金田彩花さん 企画推進グループ 推進1部 マーケティング・アナリスト

毎日が精一杯のときはコメントが送れず、ポイントを全て使いきれていないことも。ただ、拍手機能でポイントを送ることもできるので、コメントを書けないときは、他の方のコメントに拍手を送り、できるだけポイントが残らないよう心がけています。Facebookの「いいね!」のようなものですね。

Uniposでピアボーナスを送る画面

渡鍋さん:まめに他の人にコメントを書いてピアボーナスを送っている社員は、他の方からもたくさんお返ししてもらっている方です。社内のよいコミュニケーションの要となっている人だなと感じます。

部下とのコミュニケーションやチーム力アップに活用しているマネージャーは、ステキな使い方をしているなと思います。個人の活躍だけでなく、チームの活躍を発信している方もいて、他のチームの仕事を見ると刺激になりますよね。

金田さん:ただシンプルに、ピアボーナスをもらえると、「自分のことを見てくれていたんだ!」と、その時もとても嬉しい気持ちになりますし、ボーナス時期(4月)に、年間の評価がお金・数字になって表れ改めて嬉しくなります。感謝の気持ちを送ることができる、良い制度で気に入っています。

続きは後編へ

3人から、ピアボーナス運用のお話を伺い、制度の面白さや会社の雰囲気の良さが伝わってきました。後編では「リファラル採用」「副業OK」について、聞いてまいります。

関連記事

この記事をシェアする

私が書きました!

北海道出身、札幌育ち。 札幌と東京で二拠点生活をしています。 自分らしくびのびと働く人が増えたら、札幌がもっとステキな街になるなと思い、キタゴエに参画しました。取材活動で、街や仕事に愛着を持つ人とたくさん出会い、多様な働き方を模索していきたいです。

最近の投稿

ジョブボードに掲載したい企業募集中!詳しくはこちらより

pagetop